上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第3008号 2012年12月24日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第236回

「最先端」医療費抑制策 マサチューセッツ州の試み(6)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03008_05

2012.12.25 Tue l 李 啓充 l top
第3002号 2012年11月12日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第233回

「最先端」医療費抑制策
マサチューセッツ州の試み(3)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03002_05
2012.11.12 Mon l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02998_04

第2998号 2012年10月15日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第232回

「最先端」医療費抑制策
マサチューセッツ州の試み(2)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)
2012.10.16 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02996_04

第2996号 2012年10月1日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第231回

「最先端」医療費抑制策
マサチューセッツ州の試み(1)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)
2012.10.02 Tue l 李 啓充 l top
第2994号 2012年9月17日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第230回

オバマケア合憲判決の「想定外」(3)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02994_03
2012.09.18 Tue l 李 啓充 l top
第2992号 2012年9月3日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第229回

オバマケア合憲判決の「想定外」(2)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02992_03
2012.09.04 Tue l 李 啓充 l top
第2990号 2012年8月20日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第228回

オバマケア合憲判決の「想定外」(1)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(2988号よりつづく)
 オバマ政権が,国民の6人に1人が無保険という「無保険社会」解消をめざして医療保険制度改革法(通称「オバマケア」)を成立させたのは2010年3月のことだった。しかし,同法で国民すべてに医療保険加入義務を課した,いわゆる「インディビデュアル・マンデート」が定められたことに対し,フロリダ等26の州が原告となって「国民に民間商品の購入を義務付けるのは憲法違反」とする訴訟が起こされた後,連邦地裁・控訴裁レベルにおいて「合憲」「違憲」の判決がほぼ拮抗してきたことは以前にも述べた通りである(第2951・2953・2976号)。6月28日,米最高裁は「(大筋において)合憲」とする「想定外」の判決を下したのであるが,今回の判決がなぜ「想定外」であったのかをご理解いただくために,まず,これまでの経過を簡単に振り返ろう。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02990_06


2012.08.21 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02988_04

第2988号 2012年7月30日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第227回

「肥満は自己責任」論の不毛
李 啓充 医師/作家(在ボストン)
2012.08.01 Wed l 李 啓充 l top
〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第226回

学業成績向上薬
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02986_06
2012.07.17 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02984_04

第2984号 2012年7月2日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第225回

病院チェーン「乗っ取り」をめぐる攻防
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

2012.07.03 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02974_04

第2974号 2012年4月16日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第220回

半世紀後のピル論争
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(2972号よりつづく)
 米国において,避妊・妊娠中絶等,生殖医療に絡む論議が容易にホットな政治問題となる傾向が強いことについては以前にも論じた(第2963号)。

 「ピル」が避妊目的の医薬品として認可されたのは1961年,半世紀前のことだった。当時,「性の乱れ」を心配する政治家,そして「避妊は神の教えにもとる」とする宗教家がピルの認可に反対した経緯は拙著(『続 アメリカ医療の光と影』医学書院)に詳述したが,いまや,ピルは,米国民の生活の中にしっかり定着,利用率がもっとも高い避妊法となっている。ところが,いま,ピルの保険給付をめぐって,まるでタイムマシーンで半世紀前に戻ったかのような論争が起こっているので紹介しよう。
2012.04.16 Mon l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02972_04
2012.04.03 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02971_05
2012.03.27 Tue l 李 啓充 l top
第2969号 2012年3月12日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第217回

「ピンクリボン」 コーメン財団の失敗
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(2967号よりつづく)
 日本でも,乳癌の早期検診を呼びかける運動のシンボルとしてピンクリボンが使われるようになっているが,米国でピンクリボン運動を普及させた最大の功労者は「スーザン・G・コーメン・フォー・ザ・キュア」財団(以下,コーメン)である。

「国民最大の敵」と戦う慈善団体

 コーメンは,1980年に36歳で亡くなった乳癌患者,スーザン・G・コーメンの妹,ナンシー・ブリンカーが1982年に創設した団体である。単に早期発見を呼びかけるにとどまらず,治療を進歩させるための研究資金を集める大がかりな募金運動を行ってきたことでも知られている。

 コーメンのロゴは,「走者の姿をしたピンクリボン」であるが,同財団が最も力を入れている募金活動,「治癒のためのレース」(通常,5キロ走とウォーク)にちなんだものである。これまで募金活動やピンクリボンをあしらったグッズの販売等で米国民から集めてきた「浄財」は20億ドルに達したといわれ,いまや,米国でも最大規模を誇る慈善団体となっている。

 コーメンがここまで大きくなったのも,国民から強い支持を得てきたからにほかならないが,米国では,女性が生きている間に乳癌と診断される確率は8人に1人といわれ,ほとんどすべての国民が,身近の誰かが乳癌と診断された経験を持っている。そういう意味で,乳癌は,ただ「女性の敵」であるにとどまらず,「国民にとって最大の敵」の地位を与えられているからこそ,国民最大の敵と戦うコーメンに対しても,強い支持と共感が寄せられてきたのである。

 国民の支持も篤く,資金力も強大とあって,コーメンは乳癌診療・研究の方針を決めるに際しても,大きな影響力を有してきた。一昨年,政府の諮問委員会が乳癌検診の頻度を毎年1回から2年に1回に減らす答申を出した際にも先頭に立って反対運動を展開,毎年検診の現行システムに変更を加えることを阻んだ。専門家がエビデンスを詳細に検討した上で出した結論を,「検診回数を減らして女性に死ねというのか」という「直観的」反論でつぶしてしまったのであるが,「コーメンのピンクリボンには誰も逆らえない」といっても過言とはならないほどの影響力を有するようになっていたのである。

 ところが,「女性の味方」として揺るぎない地位を築いてきたこのコーメンが,本年1月末,米国女性の猛批判を浴びる「大失策」をしでかす事件があったので説明しよう。

「女性一般への攻撃」に対しての強い反発

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02969_04

2012.03.13 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02967_04
2012.02.28 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02965_04

2012.02.14 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02963_05
2012.01.31 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02958_04
2011.12.20 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02955_04
2011.11.29 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02953_06
2011.11.14 Mon l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02949_05
2011.10.18 Tue l 李 啓充 l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02947_04
2011.10.04 Tue l 李 啓充 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。