上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日歯が第171回代議員会を開催



第1日目に,箱崎守男代議員(岩手県)からの質問を受けて,執行部提案としては上程されていなかった「日本歯科医師会の職員人件費のあり方に関する特別委員会の設置」が急遽開いた緊急理事会の後に第9号議案として提案され,他の議案同様「挙手多数」で可決された(円内は挨拶を述べる大久保満男会長).



日本歯科医師会は9月13・14日の両日,東京・市ヶ谷の歯科医師会館において第171回代議員会を開催した.大久保満男会長は冒頭の挨拶で,日本歯科医師会が高齢化の波にどう対応しようとしているのか,各国の歯科医師会が注目している現状をふまえ,「海外から高く評価されている国民皆保険制度は昨年で創設50年を迎えたが,日歯としても国民皆保険制度をどう守るか,考えを打ち出したい」と抱負を述べた.
 来賓には,石井みどり参院議員(自民党),大久保潔重参院議員(民主党),川口 浩衆院議員(民主党),水野智彦衆院議員(民主党),西村まさみ参院議員(民主党),髙木幹正日歯連盟会長らが出席し,それぞれ挨拶を述べた.
 続いて,一般会務,社会保険関係,会計現況の各種報告が行われ,議案審議に入り,平成23年度の会計歳入歳出決算など9つの議案は執行部提案どおり可決された.
 その後,各地区代表事前質問と個人事前質問に対する質疑応答が行われたが,質問の一覧は下記のとおり.

http://www.hyoron.co.jp/in/top_/1209/n120920.html
2012.09.20 Thu l 未分類 l top
第171回 日歯代議員会開く
歯科口腔保健法推進室の権限強化等めざし
総務省に省令室設置の理解求める

http://www.independent.co.jp/dt21/news.html
2012.09.20 Thu l 未分類 l top
http://archive.mag2.com/0000006653/index.html

2012/09/20
ごまめの歯ぎしり 2012年9月20日号 財務省の復興予算
前の記事
最新の記事
次の記事

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
メールマガジン「ごまめの歯ぎしり(応援版)」を創刊しました。
もし、月にワンコイン分のご支援をお願いできるなら、この
「ごまめの歯ぎしり(応援版)」をご購読いただけたら幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001339330.html
ご支援ありがとうございます。

週刊現代とNHKが調べた復興予算の流用問題を、衆議院の決算行
政監視委員会で取り上げるべく、平将明代議士が交渉を続けてくれ
ている。

しかし、本家本元の財務省までが、かなりの流用をしている。

例えば2011年の三次補正の復興予算で、12億円を使って、1
2の税務署の耐震改修をやっている。

大阪福島、姫路、荒川、龍ヶ崎、古河、富岡、向島、藤沢、館山、
武蔵野、柏原、舞鶴。

2012年当初予算の復興予算に、大阪福島、姫路、荒川の3税務
署の改修予算5億6000万円が計上され、2013年度の概算要
求に大阪福島、姫路の2税務署の改修予算3億2200万円が含ま
れている。

その一方で、壊れた横浜税関仙台コンテナ検査センターの検査機器
の更新については、ようやく2013年の概算要求に12億円が計
上された。

財務省の来年度の概算要求の資料をみると、「大型X線検査装置の
復旧等」という項目がある。ああ、これが仙台のコンテナ検査セン
ターの機器だなと思うと、要求金額が24億8100万円とある。

ん、と思うと、この「大型X線検査装置の復旧等」の「等」のなか
に、大阪福島税務署と姫路税務署の改修費3億2200万円と国税
庁の国税総合管理(KSK)システムの改修費8億4000万円が
潜り込んでいる。

増税による復興予算なのだから、支出は被災地の復興に効果的な予
算を明朗に支出すべきであり、財務省はその先頭に立っているべき
だが、その財務省が復興予算を自らどがちゃがしていては、他省庁
に示しがつかない。

安住大臣は自ら襟を正す必要があるし、国会の予算委員会のシステ
ムも根本から改めて、一つ一つの項目を審査できるよう、全ての常
任委員会に小委員会を設け、各省の予算を審査する体制をつくるべ
きだ。
===========================================================
メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓
http://www.taro.org/gomame/index.php

■発行:河野太郎
●購読申し込み・解除:  http://www.taro.org/
●関連ホームページ: http://www.taro.org/
●ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/contact/

当レポートに掲載された記事は、全文を掲載する場合に限り転載・
再配布できます。
2012.09.20 Thu l 未分類 l top
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/09/19/01.html


9月19日(水)




--------------------------------------------------------------------------------



ほっとかないで!金属アレルギー


--------------------------------------------------------------------------------



専門家ゲスト:足立厚子さん(兵庫県立加古川医療センター 皮膚科部長)、松村光明さん(東京医科歯科大学歯学部付属病院臨床教授)
ゲスト:原千晶さん(タレント)、假屋崎省吾さん(華道家)
リポーター:山田大樹アナウンサー


--------------------------------------------------------------------------------



女性に多い「金属アレルギー」。アクセサリーなどにかぶれても付け続けていたり、軽く考えて気にとめない人がほとんどです。でも、放っておくとアレルギーが深刻化し、生活に支障をきたすようになることもあります。また、食べ物に含まれる金属成分や、虫歯治療の金属なども、全身のあちこちで金属アレルギーを起こし、皮膚のトラブルを招くことがあります。
番組では、金属アレルギーの症状から対処法まで、具体的な症例をご紹介しながら詳しくお伝えしました。
2012.09.19 Wed l 未分類 l top
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/38130.html

医療技術評価、効果の測定方法に課題- 政策利用を考えるシンポ

http://www.iken.org/activity/symposium/images/pamphlet.pdf
2012.09.19 Wed l 未分類 l top
平成24年版 労働経済の分析 -分厚い中間層の復活に向けた課題-

http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/12/

平成24年版 労働経済の分析 -分厚い中間層の復活に向けた課題-
目次
はじめに
はじめに [168KB] 第1章 労働経済の推移と特徴
第1節 一般経済、雇用、失業の動向 [2,302KB] 【分割版はこちら】
一般経済、雇用、失業の動向1 [1,505KB] 一般経済、雇用、失業の動向2 [1,561KB] 第2節 東日本大震災が雇用・労働面に及ぼした影響 [1,844KB] 第3節 円高の進行と海外経済が国内雇用に与える影響 [2,245KB] 【分割版はこちら】
円高の進行と海外経済が国内雇用に与える影響1 [1,547KB] 円高の進行と海外経済が国内雇用に与える影響2 [1,502KB] 第4節 賃金、労働時間の動向 [1,086KB] 第5節 物価、勤労者家計の動向 [1,341KB] 第6節 労使関係の動向 [948KB] 第2章 貧困・格差の現状と分厚い中間層の復活に向けた課題
第1節 非正規雇用者、貧困・格差の現状、背景とその問題点、対策 [3,926KB] 【分割版はこちら】
非正規雇用者、貧困・格差の現状、背景とその問題点、対策1 [1,829KB] 非正規雇用者、貧困・格差の現状、背景とその問題点、対策2 [1,864KB] 非正規雇用者、貧困・格差の現状、背景とその問題点、対策3 [1,985KB] 非正規雇用者、貧困・格差の現状、背景とその問題点、対策4 [1,735KB] 第2節 分厚い中間層の復活に向けた課題 [3,565KB] 【分割版はこちら】
分厚い中間層の復活に向けた課題1 [2,003KB] 分厚い中間層の復活に向けた課題2 [1,777KB] 分厚い中間層の復活に向けた課題3 [1,711KB] 第3章 就労促進に向けた労働市場の需給面及び質面の課題
第1節 就業率向上に向けた労働力供給面の課題 [5,825KB] 【分割版はこちら】
就業率向上に向けた労働力供給面の課題1 [2,136KB] 就業率向上に向けた労働力供給面の課題2 [2,311KB] 就業率向上に向けた労働力供給面の課題3 [2,320KB] 就業率向上に向けた労働力供給面の課題4 [2,124KB] 就業率向上に向けた労働力供給面の課題5 [1,917KB] 第2節 能力開発の現状と課題 [1,932KB] 【分割版はこちら】
能力開発の現状と課題1 [1,349KB] 能力開発の現状と課題2 [1,342KB] 第3節 労働環境の改善に向けた課題 [1,790KB] 第4節 労働移動や雇用調整など労働市場の課題 [1,130KB] まとめ
まとめ [410KB] 付注
付注 [973KB] 付属統計表
第1章 [696KB] 【分割版はこちら】
第1章1 [562KB] 第1章2 [606KB] 第2章 [525KB] 第3章 [910KB] 【分割版はこちら】
第3章1 [719KB] 第3章2 [738KB] 第3章3 [730KB] 問い合わせ先
政策統括官付 労働政策担当参事官室 分析第一係、分析第二係
(03-5253-1111(代)  内線7730、7732)

参考資料
主要労働統計表
主要労働統計表 [655KB] 本文図表基礎資料
第1章 [1,052KB] 【分割版はこちら】
第1章1 [761KB] 第1章2 [769KB] 第2章 [949KB] 【分割版はこちら】
第2章1 [789KB] 第2章2 [816KB] 第3章 [1,078KB] 【分割版はこちら】
第3章1 [866KB] 第3章2 [808KB] 主な統計資料
主な統計資料 [265KB]

2012.09.14 Fri l 未分類 l top
第1224号(平成24年9月5日)

今村副会長に聞く
医療機関が抱える消費税負担問題の解決に全力で取り組む



 日本の医療界にとって長年の懸案事項であった,控除対象外消費税問題の解決に向けた議論が,ようやく,厚生労働省で開始された.今号では,この問題に重点的に取り組んできた今村聡副会長に,これまでの経緯や現状,今後の展望について語ってもらった.



http://www.med.or.jp/nichinews/n240905a.html

2012.09.08 Sat l 未分類 l top
シンポジウム:「乳歯検査と保存の必要-福島第一原発事故」 藤野健正(松戸市 歯科医・「乳歯を保存する会」代表)

1時間34分過ぎ頃

2012.09.05 Wed l 未分類 l top
「乳歯検査と保存の必要-福島第一原発事故」 藤野健正(松戸市 歯科医・「乳歯を保存する会」代表)

1:39:00

2012.09.05 Wed l 未分類 l top
2003.09 秋号 30号

昭和と平成の勝ち組の論理と心理-昭和63年大臣告示の解釈

秋田市 岩澤 毅

はじめに

 昭和63年厚生大臣告示をめぐる昨今の歯科技工士間の議論を見聞する度に思い出さ
れるのが、第二次世界大戦後南米ブラジルに登場した「勝ち組」の歴史です。

 この小論では、人は困難に遭遇した場面で何を思い、何に魅力を感じ、何に引き付
けられ、何にすがるのか。どのような行動を選択するのか。南米ブラジルの「勝ち
組」の生成と崩壊の歴史に学びながら、人間心理の一端と昭和63年大臣告示の法的意
味を解明したいと思います。

 以下、昭和63年5月30日付厚生省告示第165号に歯科技工士に対する歯科技工料金の
配分に関する法的拘束力があると主張する人々を「平成の勝ち組」と呼ぶこととしま
す。

昭和の勝ち組

 明治維新以降日本は、ハワイ・北米・中南米・旧満州(中国東北部)等々に時代時
代の流行はありながら移民を送り出し続けた。戦後の高度成長期に到るまでの時期、
日本は経済的困窮と人口・食糧問題解決のため、国策としての移民の送り出し国とし
て存在した。

 私たちに身近な話題として登場した移民・日系人としては、NHK朝の連続テレビ
小説『さくら』の主人公さくらのハワイ在住の日系人家族であり、南米ペルーの前大
統領フジモリ氏であり、マンガ『タイガーマスク』(作/梶原一騎 画/辻なおき、
テレビでは昭和44年から46年よみうりテレビ系で放映)の主人公伊達直人が、自分自
身が育った孤児院「ちびっこハウス」の経営難に際し、援助するお金の出所の口実で
ある「ハワイの親戚の億万長者の遺産」であり、現在サッカー評論家のセルジオ越後
氏等です。

また日本経済のバブル期、3K(きつい・汚い・危険)労働力の供給地として、中南
米の日系人が注目され、自動車産業等の下請け孫受け等周辺企業所在地自治体の新た
な業務として、日系人・日系人家族と地域社会の関係作りが注目され、スペイン語・
ポルトガル語の通訳の需要も増しました。

 現代の日本人は、第二次世界大戦において、旧大日本帝国が連合国側・アメリカ合
衆国等に敗北した事実に何ら疑いを抱いているとは思えませんが、敗戦直後から数十
年間にわたって南米ブラジルにおいては日本の敗北を信じることが出来ず、大日本帝
国の大勝利(大東亜共栄圏の世界規模での成立)の「事実」を作り上げ数々の「情報
と証拠」により論証し、臣道連盟なる半秘密結社組織を作り上げ、日本敗北を事実と
して受け止めた人々に対して「国賊」「非日本人」「敗希派」(敗戦希望派の意)と
悪罵を投げつけ、更には組織的テロを働き殺人・放火まで犯した集団・人々がいた歴
史的事実があるのです。

 当時の日本から遠く離れ更にはブラジル本国内でも情報に隔絶された、奥地の原生
林・ジャングルに在住し、現地の言語にも不自由な日系人のみならず、サンパウロ等
の国際情報に接することが可能な地域においても、この勝ち組は存在し、在ブラジル
日系人の大多数95パーセントを組織したとされています。

 日本時間8月15日正午の天皇の玉音放送(終戦の詔勅)を、日本の勝利宣言とその
意味内容のスリカエを行い、数々の勝利の証拠が捏造され、戦後秩序に関してもアメ
リカ合衆国を日本が占領した「事実」さえもが語られました。アメリカの原子爆弾に
対しては、日本側が「高周波爆弾」「磁気爆弾」を天才学者が開発し、帝国陸海軍が
使用し、アメリカ合衆国に進軍しトールマン大統領を更迭し、リンドバーグをアメリ
カ大統領に任命する物語が語られたのです。

 ブラジル入国以来極めて困難な生活を余儀なくされた反動として、僅かに入手し得
る情報からさらに「信念」によって、情報を選択脚色加工し、生きる希望の物語が紡
ぎ出され、困窮する日系人の心に瞬く間に染み渡り、更に増殖を繰り返し、夢想が幻
想を生み「現実」と化したのです。これは当然のごとく現地ブラジル政府と摩擦を生
み出し、治安問題と認識されるに到り、日系人排斥運動の強化等社会混乱と日系人の
立場の更なる悪化を引き起こしたのです。

平成の勝ち組

 平成の御世に登場した「平成の勝ち組」の論理の特徴は、社会診療報酬制度内の歯
科診療報酬点数改定の算定告示である大臣告示を、歯科技工士に対する歯科技工料の
配分告示であると読み替えを行い、更にはそれを絶対化し、その視点から他の情報を
選択脚色し、いわゆる「疑義解釈の容認による変容」によって市場支配力無くしたと
する論理を骨格としています。

http://blog.goo.ne.jp/akisigi/e/836b5409f19b3145676f21a507368ac7
2012.08.20 Mon l 未分類 l top
http://www.kegaretakokoro.com/pc/

第二次世界大戦後のブラジル。そこに住む日系移民の大半は、日本が戦争に勝ったと信じきっていた。当時のブラジルと日本は国交が断たれており、移民たちが日本に関する正確な情報を入手することは極めて困難だったのだ。そのさなか日系人コミュニティの精神的リーダーである元日本帝国陸軍の大佐ワタナベ(奥田瑛二)は、大和魂の名のもとに裏切り者の粛清に乗り出す。ワタナベの一派が標的にしたのは、日本が降伏したという事実を受け入れた同胞たち。ワタナベによって刺客に仕立てられた写真館の店主タカハシ(伊原剛志)は、血生臭い抗争の中で心身共に傷つき、妻ミユキ(常盤貴子)との愛さえも引き裂かれていくのだった......。

あらゆる情報がプロパガンダめいたデマではないかという疑心暗鬼が広まるなか、日本の戦争勝利を断固として唱え続ける"勝ち組"の勢力は、それを信じようとしなかった少数派の"負け組"の人々を"汚れた心を持つ国賊"と断罪し、ブラジル各地の日系人社会で襲撃事件を引き起こしていった。ごく平凡な男タカハシと妻ミユキがたどる痛切な運命を軸に、その背景となった歴史の真実をあぶり出す。遠い祖国への愛が狂信的な言動へと歪められていく戦争の不条理、さらには抑圧、不寛容、差別といった現代に通じる問題をはらんだ壮絶な物語は、全編を貫くサスペンスと相まって観る者をスクリーンに釘づけにする。はたして過酷な極限状況に陥ったとき、人は何を信じ、何を心のよりどころにすべきなのか。登場人物それぞれの葛藤をエモーショナルに探求した映像世界は、そんな痛切にして複雑な問いを投げかけてくる。

主役タカハシには巨匠クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』での好演が忘れがたい伊原剛志。本作でプンタデルエステ国際映画祭で日本人初の主演男優賞に輝いた。タカハシの妻ミユキにはアミール・ナデリ監督作品『CUT』などで新境地に挑み続ける常盤貴子。幾多の名作に出演し、監督としても活躍する奥田瑛二が粛清を扇動する退役軍人ワタナベ役で圧倒的存在感を発揮。また、『おくりびと』の余貴美子、『ロストクライム--閃光--』の菅田俊が否応なく粛清の渦中に巻き込まれる夫婦を力強く演じている。監督は『善き人』のヴィセンテ・アモリン。欧米での長い滞在経験を持つ気鋭監督の"外国人の眼差し"がこの物語にフラットな視点を与えている。そして『踊る大捜査線』シリーズなどで名高い作曲家、松本晃彦が音楽を担当し、今、最も注目される美貌のヴァイオリニスト、宮本笑里が胸に迫る演奏を披露。ブラジルと日本の才能たちが親密なコラボレーションを実現させた画期的な映画がここに誕生した。
2012.08.20 Mon l 未分類 l top
ブラジル日系社会の闇を描く 「汚れた心」 ビセンテ・アモリン監督

 「あの戦争で全てを失いました」。女優、常盤貴子(40)の独白で始まるブラジル映画「汚(けが)れた心」は、第二次大戦終結直後、ブラジルの日系移民社会で生じた闇に光を当てた。

 ビセンテ・アモリン監督(45)は所属意識や適応性についての映画を撮りたいと考え、原作となるフェルナンド・モライスのノンフィクションと出合った。日系人同士の抗争を描いてはいるが「広い意味のアイデンティティーを模索できると思った」という。

 ブラジルに暮らす日系移民の多くは「日本は戦争に勝った」と信じていた。日系人コミュニティーの精神的リーダーで退役軍人のワタナベ(奥田瑛二)は、降伏した事実を受け入れた同胞の粛清に乗り出す。刺客に仕立てられた写真館の店主、タカハシ(伊原剛志)は血なまぐさい抗争で傷つき、妻のミユキ(常盤)との愛も引き裂かれていく。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120720/ent12072008230008-n1.htm
2012.08.20 Mon l 未分類 l top
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495120195&Mode=0

医師法施行規則等の一部を改正する省令(案)について

案件番号 495120195
定めようとする命令等の題名 医師法施行規則等の一部を改正する省令

根拠法令項 ・医師法第6条第3項
・歯科医師法第6条第3項
・薬剤師法第9条

行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
所管府省・部局名等(問合せ先) 厚生労働省医政局医事課
電話:03-3595-2196

案の公示日 2012年08月10日 意見・情報受付開始日 2012年08月10日 意見・情報受付締切日 2012年09月08日
意見提出が30日未満の場合その理由


関連情報
意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案
【意見募集要領】医師法施行規則等   【別紙】(概要)届出票様式改正   関連資料、その他
【参考1-1】改正後の医師届出票(案)   【参考1-2】現行の医師届出票   【参考2-1】改正後の歯科医師届出票(案)   【参考2-2】現行の歯科医師届出票   【参考3-1】改正後の薬剤師届出票(案)   【参考3-2】現行の薬剤師届出票   資料の入手方法


備考
2012.08.17 Fri l 未分類 l top
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495120188&Mode=0

パブリックコメント:意見募集中案件詳細
厚生 /医事
「医師法施行規則(昭和二十三年厚生省令第四十七号)等の一部を改正する省令」への意見募集

案件番号 495120188
定めようとする命令等の題名 医師法施行規則(昭和二十三年厚生省令第四十七号)等の一部を改正する省令について

根拠法令項 医師法(昭和23年法律第201号)第8条
歯科医師法(昭和23年法律第202号)第8条
保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第16条
薬剤師法(昭和35年法律第146号)第10条
診療放射線技師法(昭和26年法律第226号)第16条
臨床検査技師等に関する法律(昭和33年法律第76号)第10条
理学療法士及び作業療法士法(昭和40年法律第137号)第8条
視能訓練士法(昭和46年法律第64号)第9条
臨床工学技士法(昭和62年法律第60号)第9条
義肢装具士法(昭和62年法律第61号)第9条
歯科技工士法(昭和30年法律第168号)第10条

行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
所管府省・部局名等(問合せ先) 厚生労働省医政局医事課
電話::03-5253-1111(内線2569)

案の公示日 2012年08月02日 意見・情報受付開始日 2012年08月02日 意見・情報受付締切日 2012年09月02日
意見提出が30日未満の場合その理由


関連情報
意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案
御意見の募集について   関連資料、その他
別添  
2012.08.17 Fri l 未分類 l top
http://archive.mag2.com/0000096393/index.html

◆━━━ 相馬市長立谷秀清メールマガジン 2012/07/27号 No.271 ━━━◆


----------------------------------------------------------------------

みなさんこんにちは、相馬市長の立谷秀清です。

今回は、私の書き下ろしエッセー「相馬野馬追いの出陣にあたり」をお届けし

ます。

----------------------------------------------------------------------

●相馬野馬追いの出陣にあたり

 去る5月。相馬家第33代相馬和胤公より、本年度の相馬野馬追いの総大将を

勤めよとの御下命を賜り、謹んでお請けした。


 もともと野馬追いは、平安時代の坂東の武装農民たちが所領安堵を妙見(北

斗七星)に祈り、野生馬を追い、捕まえて妙見神社に献納するという軍事訓練

を兼ねた神事だった。1323年、第5代重胤公が現在の相馬地方に下向した際に

この地にもたらされ、以来689年間地域の伝統行事として継承されてきた。中

世から近世を経て現代に至るまでのこの地方の歴史は決して平穏なものではな

かったが、神事の主催者である相馬藩主にとっては領国安堵と領民安寧を祈る

ための重要な儀式だった。

 室町期から江戸期の間、相馬藩にとっては少なくとも二度の存続の危機があ

った。ひとつは戦国末期の伊達政宗の来襲、もうひとつは1783年から3年続い

た天明の大飢饉である。大藩であった伊達の攻撃は凄まじく、第16代義胤公の

下、兵馬は死を賭した数十回の合戦の末、寸土も譲らず国を守り切った。また

天明の飢饉では1万8000人の領民が餓死し、人口が3万人に減少するほどの天災

だったため、加賀藩一向宗の移民を奨励し国力の回復をはかり、さらに報徳仕

法を導入し生産復興を成し遂げた。

 困難に耐えながらも生き延びてきた我が故郷のたゆまない足跡の中で、相馬

家をはじめ人々が連綿と守ってきたのが相馬野馬追いである。江戸期のはじめ、

伊達に備えて都を近接する中村に構え背水の陣を敷き、野馬追いの陣立ての度

に家人と水盃を交し出陣の禊ぎとし、太平の世にあっても緩めることを慎んだ。

有事に備えて死を覚悟することにより、野馬追いを相馬武士の精神鍛錬の場と

したのである。


 今、旧相馬藩領内は天明以来の危機を迎えている。餓死者の数こそ少ないが、

放射能汚染により居住禁止を仕置され、避難を余議なくされている住民の数は

10万人とも言われ、その多くが帰還を望むものの現実は厳しい。また半減期が

30年とされる放射能物質の除去は方法論さえ妙案がない。しかし住民のそれぞ

れが希望を失っては、この地方の再生は望むべくもないのだ。


 昨年は、宇多郷(相馬市)、北郷(南相馬市鹿島区)、中ノ郷(同、原町区)、

小高郷(同、小高区)、標葉郷(シネハと読む。室町期に相馬藩に組み入れら

れた標葉一族に由来する。現浪江町はじめ双葉郡北部)の五郷のうち宇多郷、

北郷以外は物理的に出陣不可能(避難または避難準備区域)だったため、中村

妙見神社に供奉する宇多郷と北郷のみで出陣した。震災被害間もない、まだま

だ厳しい時期だったが、我われ相馬市としても伝統を絶やさないために力を尽

くした。


 今年は中ノ郷の仕置が解け、また小高郷も日中出入り御咎め無となったこと

から、例年通り、中村、太田、小高の三妙見神社の神輿に従い、五郷全軍が出

陣する正規の相馬野馬追いが開催される。しかしながら、標葉郷、小高郷の武

者たちは県内外に避難しており、自宅からの出陣が出来ない。それでも馬宿と

自分の宿舎を借りてでも今年こそは出陣したいという武者たち、標葉郷38騎、

小高郷58騎。彼らと、昨年出陣が適わなかった中郷の武者たちに北郷、宇多郷

を加えた400余騎を無事に出陣させ、軍勢を統率し、ひいては伝統を継ぐこと

が殿からの第一の命令だった。

 命令の二つ目は、地域にとって復興の狼煙となり、住民に希望を与えること。

特に、遠方への避難生活により軍勢を観ることの出来ない人々に対しては、故

郷の武者たちの報道を通しての雄姿が力を与えるに違いない。それ故に、標葉、

小高の武者たちが困難を排して出陣するのだ。


 明日、我われ相馬軍は復興に向かって出陣する。待ち伏せる敵は放射能とい

う悪魔だ。魔性に追われ不安に怯える人々が再び平穏な日々を送れるよう、祖

先に倣い、人馬一体となって疾きこと風の如く軍勢を進める可し。魔性に臆す

る可からず。


----------------------------------------------------------------------

■発行:福島県相馬市 企画政策部秘書課
 TEL 0244-37-2115

●このメルマガに関するお問い合わせやご意見メールは、
 info@city.soma.fukushima.jp

●マガジンの登録・解除は、
 パソコンでご覧の方は http://www.city.soma.fukushima.jp/
 携帯電話でご覧の方は http://mobile.mag2.com/mm/M0094208.html

●メールアドレスの変更は、配信解除してから新規登録してください。

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発
行しています。
 http://www.mag2.com/

2012.07.27 Fri l 未分類 l top
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/37452.html?freeWordSave=1

 厚生労働省は13日、薬剤師の業務範囲の見直しに関する検討の場を設ける方針を決めた。同日のチーム医療推進会議で了承された。同省は現在、特定の医療行為を担う看護師(いわゆる「特定看護師」)の制度化に向けた検討を進めていて、その中に薬剤に関する行為も多いことから、日本薬剤師会が設置を求めていた。

■歯科衛生士法の一部改正、方策検討WGで検討へ
 この日の会合では、歯科衛生士法の一部改正について、同会議のチーム医療推進方策検討ワーキンググループ(WG)で検討することも了承された。

 現行法で歯科衛生士は、歯科医師の「直接の指導」の下、予防処置として歯石の除去などを行う「女子」と定められており、男子に関しては、附則の準用規定が適用されている。日本歯科医師会副会長の宮村一弘委員は、男性の歯科衛生士の増加や、修業年限の延長を指摘した上で、女子に関する条文を改めるとともに、「直接」の文言を削除するよう求めた。【敦賀陽平】
2012.06.14 Thu l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。