上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/0602n.html

【編集日記】(6月2日付)

 1年前を近いとみるか遠いと感じるかは人それぞれだが、大震災と原発事故という未曽有の惨事に遭遇した今年は、はるか昔に思えてならない▼「昨年のきょう、何があったか」との問いに答えられる人はどれほどいるだろう。記憶の引き出しの隅に隠れてしまい思い出せない場合が多いだろうが、鳩山由紀夫氏が首相退陣を表明したのが去年のきょうだった▼米軍普天間飛行場の移設に絡む迷走や自身の「政治とカネ」問題の責任を取る形で「この職を引かせていただく」と。政治資金問題を抱えた民主党幹事長の小沢一郎氏も”道連れ”にしてその職を辞任させた▼「トップリーダーとしての信念も、見識も、戦略も見当たらない場当たり的な対応」などと批判されて行き詰まったわけだが、似たような声は今の菅直人首相にも投げ掛けられている、といっては言い過ぎだろうか▼中部電力への浜岡原発全面停止要請は評価されたものの、福島第1原発の事故では対応の不備が重なり、被災地への訪問はパフォーマンスとみなされる。揚げ句には「目的は首相の椅子に居座ることか」とも▼政権交代を果たした前任者より長く務め間もなく1年になる菅氏。不信任を今うんぬんするのはどうかと思うが、「難局を乗り切るのが先」との一点でその座が続いているという見方をどう受け止めているのか。
 
  福島民友新聞
関連記事
スポンサーサイト
2011.06.02 Thu l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。