FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/0521n.html

 【編集日記】(5月21日付)

 球児たちの季節がやってくる。今年は震災の影響で春の県大会は中止され、甲子園の切符を懸けた夏の大会が初の公式戦となる。選手たちには外で思いっきり遊べない子どもたちの分まで存分に暴れてほしい▼その甲子園の決勝は、午前9時30分の試合開始に決まった。午前中の決勝は高校野球史上初。クーラーやテレビなどの電力消費量がピークとなる午後1時から3時までを回避する節電策だ。高野連のファインプレーに拍手▼福島第1原発の半径30キロ圏内にある県高野連加盟校のうち、双葉翔陽、富岡、相馬農の3校は、県外への転校などで部員が不足してチームがつくれない。そこで連合チームでの出場が検討されている▼部員たちは、県内各地に分散して「サテライト協力校」で学び、そこで練習にも参加している。本来ライバルであるはずの他校の部員たちとの練習。新たな絆が生まれればと願う▼「最後の夏」の選手もいよう。なんとか出場させたい。「さまざまな困難はあるが子どもたちの輝かしい青春の一ページをつくってやりたい」とは岩渕賢美県高野連会長の開催に向けた言葉▼被災した選手たちは大きなハンディを背負っての夏となるが、結果は気にせず野球ができる喜びを感じてほしい。そして「やればできる」という姿を見せてもらいたい。君たちにはその力があるのだから。
 
  福島民友新聞
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.22 Sun l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。