上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/0519n.html

【編集日記】(5月19日付)

 ヨーロッパの南東に位置し、トルコの一部やギリシャ、アルバニア、ブルガリア、それに旧ユーゴスラビアの国々などからなるのがバルカン半島▼古くからさまざまな民族が入り込んだ半島では、18世紀後半にオスマン帝国からの独立機運が芽生え、19世紀には民族ごとの小国家が反目し合うようになった。第1次世界大戦はその民族問題が発端だったという▼この半島のありさまから政界では、小さい組織に属しながらも巧みに動き回って延命を図るのを「バルカン政治家」といわれている。自民党の三木武夫元首相や新党さきがけの武村正義元蔵相らがこう呼ばれた▼名誉とは言い難いこの呼称の政治家に、菅直人首相も連なっているようだ。東日本大震災の本格的復興に向けた本年度第2次補正予算案は当初、開会中の通常国会に提出するはずだったが、先送りとなる雲行き▼被災自治体の復興計画を反映させるため時間が必要と強調するが、早期閉会で与野党の反菅勢力による退陣圧力をかわすため、との見方がもっぱらだ。首相の座を守るために震災対応を遅らせるとは思いたくもないが▼強力な指導者がいなくなった旧ユーゴでは1990年代にも民族や宗教の違いで紛争が続発、半島の不幸を助長した。非常時には特に、自らの政治生命など二の次にして事に当たるリーダーが欲しいものだ。
 
  福島民友新聞
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.19 Thu l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。