上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://yamagata-np.jp/danwa/index.php?par1=20110516.inc

▼▽「爾今(じこん)生涯」という言葉がある。人生、どこで区切ってもそこが出発点になることを意味する。どんな過去であっても過去は過去。落ち込んだり、くよくよばかりもしていられない。今日という日を精いっぱい生きよと励ます言葉だ。

▼▽東日本大震災の被災地の子どもたちにとって、本当に長い春休みだったろう。さまざまな温かい支援もあって、どうにか入学式を迎えることができた。本来なら、新しい本との出合いの季節でもあるが、配布前の多くの教科書などが流されたり、図書館も壊滅的なダメージを受けたという。

▼▽読書環境を復活させる取り組みが活発だ。全国各地から教科書や青少年向けの図書、児童用の絵本が続々と届けられているという。大石田町では、地元の子育てサークルが約4900冊の図書を贈った。町内の小中学校の子どもたちも1721冊を届けるなど、町を挙げた活動に発展した。

▼▽被災地で笑顔がはじけた。本を開くときには喜びがある。将来の希望に胸膨らむ瞬間だ。震災から2カ月の11日、宮城県南三陸町で学校が始まり「友達をつくってみんなで地震をやっつける」と話した新1年生。好奇心で輝く瞳が忘れられない。爾今生涯の精神を我々(われわれ)に教えているようだ。

(2011/05/16付)
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.16 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。