上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://yamagata-np.jp/danwa/index.php?par1=20110502.inc

▼▽きょうは立春から数えて88日目の「八十八夜」。「夏も近づく八十八夜野にも山にも若葉が茂る…」(文部省唱歌「茶摘み」)の“夏”に相当する立夏は6日。県内の多くは豪雪の影響で桜の開花なども遅れ、これからが春爛漫(らんまん)だ。

▼▽八十八夜のころに摘む茶の新葉は冬に蓄えられた成分が多く極上物として珍重される。同時にこの日は昔から農作業の節目とされてきた。田んぼの苗代づくり、畑作物の種まき時期、そして別れ霜の季節でもある。降霜の心配が残っているものの、同時に霜害から解放されるころと伝わる。

▼▽一方で、きょうは東日本大震災復旧に向けた総額約4兆円の本年度第1次補正予算案が成立予定だ。大型連休前半の休み返上で衆参の予算委員会を開き、審議を続けた。「日曜日その他の休日には会議を開かない」とする先例を破る異例の展開。まずは復旧事業の裏付けができて良かった。

▼▽素直に「国会議員の皆さん、被災地のために休日返上でご苦労さん」と言いたいところだが、「この程度ならばもっと早く(予算案)を提出すべきだった」の感想には口もあんぐり。2次、3次補正も予定される中、財源確保は依然、五里霧中。今回のような異例の再現、合意は夢物語か。

(2011/05/02付)
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.02 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。