上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
**    **  夕張市立総合病院を引き継いだ「夕張希望の杜」の毎日
**    ** 発行者: 木下敏之
**  **   http://www.kinoshita-toshiyuki.net
━ *☆*☆* ━━━━━━━ vol.175 ━━ 2011.05.02 ━━━━
◎◎  配信第 175回   夕張市長選挙
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎ 目次
1.はじめに 木下敏之
2.村上智彦が書く、今日の夕張希望の杜。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇ 1.はじめに 木下敏之
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メルマガ発行責任者の木下敏之です。皆さんお元気ですか。

5月下旬の東京の三社祭は中止となりましたが、ここ福岡では
5月3・4日に「どんたく」というお祭りが行われます。

私は一週間おきに福岡と東京を行き来していますが、東京では
省エネに対する意識や原発に対する意識が全く変わりました。

おそらく、東京発の新しい省エネ技術が生まれるでしょう。
そして、その技術が世界に広まり、新たな富を日本にもたらして
くれることを期待しています。

では、今週号も最後までお読みいただけると幸いです。

  木下 敏之

■□■ ご寄付のお願い ■□■
夕張希望の杜では、岩手の藤沢町立病院を支援するために
活動費のお金を募っています。

・NPO支える医療研究所 0123-52-5777
北海信金 本町出張所    普)0212364 村上智彦
募金くださった方は
sasaeruiryou@gmail.com  までメールしていただければ幸いです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇ 2.村上智彦が書く、今日の夕張希望の杜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕張市長選挙と市議会議員選挙が終わりました。
私は選挙戦の間は東京と愛知に出張へ行き、他の職員は被災地の
支援に出ていましたので、あまり選挙戦は見ていないのですが、
興味も無くなっていたので丁度良かったと思います。

予想通り、この町は破綻前と何も変わっていませんでした。
市長になったのは最年少市長の鈴木君で、2位が飯島夕雁さん、
3位が羽柴秀吉さん、4位は笹谷達郎さんでした。

鈴木君は組合や市役所、前市長が押す民主党系(旧社会党)、
飯島さんは自民党系、羽柴さんは無所属で笹谷さんは唯一の
地元出身といった感じでした。

出口調査の結果を見ますと、60歳以上の方は圧倒的に鈴木君、
それ以下の若い世代の方は飯島さんに入れているといった結果でした。

鈴木君は無党派層とか若い世代の市民運動といった印象がありますが、
実は殆どは高齢者が応援して、当選したといった結果でした。

夕張市は高齢化率が日本一の市ですから、当然高齢者の数の方が
圧倒的に多いので、高齢者の意向が最も反映されるともいえます。

選挙に出た個人についてはどうでもいのですが、構造的な事を
分析しますと、納税者である若い世代の民意と、高齢者の民意は
分かれて、高齢者の意向が地域の民意になることを意味しています。

夕張市の高齢者の世代は、組合出身の社会党の市長を選び、最も
裕福な時代を過ごして、粉飾決算をしてこの町を破綻させた世代です。

若い世代はその時代に比べたら収入は少なく、日本の30歳以下の
国民の収入は男女が逆転し、女性の方が多くなっています。

これは女性の方が医療や福祉といった産業に従事して、男性は
建設業や製造業に従事していて解雇されている例が多い事が関係
しているのかもしれません。

おそらく高齢化が進むと、同じ様な事が他の地域でも起こることが
予想されます。前の世代が残した負の遺産で、収入が少なくて大変な
若者が納税して、それで年金をもらっている世代の意向が選挙に
表れるという世代間の対立が起こっているようにも思えます。

日本は世界一高齢化が進んだ国ですので、医療や福祉の負担が
増えていくと予想されています。図式としては、最も資産が多くて、
最も医療や福祉にお金がかかる世代の人達が貧乏な若い世代から
接収している状態になるわけです。

そしてその仕組みやシステムを決める政治家は高齢者が選んで
しまうので、納税している若い世代の意見は反映されないことに
なります。

これではますます若い世代が高齢化の進んだ地域に住まなくなって
しまいます。少なくとも破綻の図式を繰り返し、また自立より集りを
選んだ町に魅力はありません。ただでさえこの国は900兆円を超える
借金を次の世代に投げてしまっています。

日本の恥の文化はどこへ行ってしまったのでしょうか?

高度成長期には裕福な生活をして、高齢化したらそのツケを若い世代に
負担させて、文句を言わない教育を施して、最もらしい言い訳をして
開き直っているようにも思えます。

それを避けるためにも、次の世代の事を考え人材を育てて、医療
資源を大切に使いシェアして、ケアを重視して、お任せではなく
自分達も汗をかき、検診を受けて予防をしていき少しでも若い世代の
負担を減らしていこうという「支える医療」という仕組みを作ろうと
頑張っているわけです。

住民のニーズというのは、次の世代に迷惑をかけるような我儘を
受け入れる事ではなく、本人達に少し我慢してもらっても健康や
命を守ることだと思います。

以前の総合病院の様に毎年3億円ずつ借金をしながら、高齢化で
最も必要だった福祉の担当者はバス券を配るだけで何もせず、
丸投げの社会的入院で高齢者を弱らせてベッドを埋めて、
コンビニ受診で医師を疲弊させて辞めさせていくというやり方は、
どう考えても税金の無駄遣いです。

少なくとも同じ間違いを繰り返すのでしたら、破綻から何も学んで
いない事になりますし、その事で平均寿命が延びたり、健康な人が
増える事は無いと思います。

納税者としてはその様な事に税金を使われるのでしたら、絶対
この町には納税したくはありません。何処かに住民票を移す事を
法人で考えたいと思います。

無駄遣いされるくらいなら、震災で被害にあった本当に困っている
皆さんの為に使ってほしいとつくづく感じています。

当初の予定通り公を目指し、大切なものを守り、妨害するものとは
戦うのが私達の仕事です。そんな事を再認識するのには良い機会と
なりました。

皆さんが決めた以上は、今度は何でも人のせいにしないで自分達で
選んだ責任を取るべきだと思います。

私達の活動も夕張以外の地域に向えるようになりました。
自らが汗をかき、頑張って地域の将来を考える住民と仕事ができる
機会が増えて、とてもやりがいを感じられるようになってきました。
5年かかってやっと次の段階に入ることが出来るようになったわけです。

いつものように最初に決めたとおりに進めていこうと思います。

 医療法人財団 夕張希望の杜
  理事長 村上智彦  [ http://www.kibounomori.jp/ ]

■ 支援の様子や被災地の状況は、以下のブログ等をご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/yubariishiblog/
http://twitter.com/#!/sasaeruiryou

■「医師・村上智彦の闘い 夕張希望のまちづくりへ」1800円
[ http://www.amazon.co.jp/dp/4788710560/ ]

■「村上スキーム」-地域医療再生の方程式-(1500円)
[ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4902969793 ]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◎ 編集後記(木下敏之)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
久しぶりに地方自治に関連した仕事が入り、GW後半は
その資料の読み込みに時間を使う予定です。

5月16日午後2時から東京の経団連ビルにて、経団連の
21世紀研究所が主催するシンポジウムの進行役を行います。

一言で言うと、道州制ができたときに議会や知事はどのような
選挙制度で選ばれるのかという内容になるはずです。

“はず”といったのは、資料の読み込みによっては、
議論の方向が変化するかもしれないからです。

地味なテーマですが、退任後の松沢前神奈川県知事も参加されます。
まもなく定員に達すると思いますので、希望者は早めにどうぞ。
申込書は以下の私のブログの最初に添付ファイルとして貼り付けてあります。
http://www.kinoshita-toshiyuki.net/blog/index.cgi

3日は福岡市のお祭りのどんたくで踊りに参加します。
見物客ではなく踊る側に回るのは初めてですので、とても楽しみです。

次回は5月9日月曜日となります。お楽しみに。

■ 記事を読んでのご感想、ご意見は、下記のアドレスにお願いします。
* e-mail :mailmag@kinoshita-toshiyuki.net

------------------------------------------------
◎お知り合いへのご紹介をお願いします。

夕張希望の杜を応援したいと思っている善意あふれる皆さん。
皆さんのメールマガジン登録への「ワンクリック」が、
夕張希望の杜への有形、無形の応援になります。

是非、お友達にも薦めてください。

■ 購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000253983.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
* 発行人: 木下敏之
* ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。ただし、無断改変は厳禁です。
----------------------------------------------------
◎夕張市立総合病院を引継いだ「夕張希望の杜」の毎日
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000253983/index.html
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.02 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。