上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/0501n.html

【編集日記】(5月1日付)

 地方では特にガソリンがないと身動きが取れないことを今回の大震災で痛いほど思い知らされたように、普段の生活は石油なしでは成り立たない▼その割に産油地域の中東は、あまり知られていない。第2次大戦後の建国と歴史は比較的新しく、西にイスラエル、南と東にサウジアラビア、さらにイラク、シリアに囲まれた王国のヨルダンも例外ではない▼わが国の4分の1ぐらいの国土に600万人ほどが住んでいる。産油国ではないが、輸出入で日本はいずれも10位以内に入っており、関係は思いの外深い。王室はわが国皇室とも親しく、国王は訪日10回の親日家▼そのヨルダンの医師や技師4人が来日、外務省の仲立ちで本県に入った。福島医大チームとともに県内の避難所を巡回、血流が滞ると最悪の事態にもなりうるエコノミークラス症候群の検査、治療に当たっている▼原発事故で「フクシマ」の名と所在は国際的に知られることとなり、「危険な所」との風評も海外に広まってしまったようだ。そんな中で来福、しかも2週間だった期間を3週間に延ばしての支援展開となった▼通訳を通して、運動療法や水分摂取の大切さも丁寧に伝えて回る。厳しい状況に置かれた本県が遠くイスラムの地からも応援を得ている。いつか恩返しするためにも、一日も早く事態を収束させ復興を目指したい。
 
  福島民友新聞
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.01 Sun l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。