上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/2011fudokei/m04/fudo110425.htm

風 土 計

--------------------------------------------------------------------------------
2011.4.25

 東日本大震災の惨状は世界各地で大きく報道され、小紙の「世界は今 県人リポート」執筆者から被災者を激励するメッセージが届いている

▼先週一時帰郷した米国・ニューヨーク在住の藤島誠さん(一関市出身)は「ニューヨーク県人会の呼び掛けに多くの市民が義援金を寄せてくれた。『困難に負けないで』と会員の肩を抱く人もあった」と善意に感謝する

▼ニューヨーク県人会員で、花巻市出身の高橋こうこさんは、建築デザイン業界の仲間と被災者を元気づける寄せ書きを募っている。「未来を信じて」などと書き込まれた20センチ四方の布を縫い合わせ、横3メートル、縦2メートルの旗をつくり、県を通じて被災地に送りたいという

▼「不屈の精神で復興されると信じる」「ハンセン病撲滅への支援で日本と深い結びつきを感じている。被災者を思い祈りをささげている」。インド・ニューデリー在住の佐々木結さん(盛岡市出身)からは、インドの人たちから託されたメッセージが届いた

▼ガボン共和国大使の加藤基さん(奥州市衣川区出身)のメールには「大統領や首相から『日本の皆さんと連帯し、大変な試練を乗り切りたい』との見舞い状をいただいた」と書かれてあった

▼世界各地の県人会が復興に立ち上がる古里を支援しようと結束を強めている。世界が日本、被災地を応援している。

関連記事
スポンサーサイト
2011.04.25 Mon l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。