上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33748.html

【中医協】新会長に森田朗氏- 「権威ある議論、説得力ある主張を」

 東日本大震災の発生で、3月2日以降、開催が見送られていた中央社会保険医療協議会(中医協)が4月20日、再開した。会合ではまず、3月末で任期満了となった遠藤久夫前会長(学習院大経済学部教授)に代わり、森田朗委員(東大大学院法学政治学研究科教授)が新会長に選任された。森田会長は、「わが国の医療を持続可能な形で維持し、発展させていくために議論していきたい。そのため中医協では、権威のある議論をし、説得力のある主張を社会に対して発信していくことが必要」などと抱負を述べた。

 森田会長は2009年6月に中医協の公益委員に就任。厚生労働省の「審査支払機関の在り方に関する検討会」の座長などを務めている。

■退任の遠藤氏、「制約多かったが、中医協の機能は高まった」

 一方、3月末で会長・委員を退任した遠藤氏も会合の冒頭であいさつした。遠藤氏は、08年4月からの3期にわたる会長在任期間について、「権限や財源の制約の中、かなりきつい改定率の中で配分を議論しなければならならず、難しい意思決定をしてきたが、中医協の機能はむしろ高まった」と振り返った。
 また会合の運営については、「調査の仕組みができていて、合理的で公平な配分をするためのエビデンスベースの仕掛けがいくつもある。こういう調査機能がある審議会はほかにない」と述べた。
 今後、中医協として議論すべき課題として医療の費用対効果を挙げ、「ここ数年、急速にどの国でも議論されている。今後の価格付けの中に反映させていく必要があるのでは」と述べた。

【関連記事】

中医協公益委員に東大・森田朗教授を新任
中医協公益委員に印南、西村両氏
【中医協】後発品の品数制限で「薬価上のディスインセンティブ」検討も
【中医協】次期薬価制度改革に向けた検討事項を決定
「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始



( 2011年04月20日 14:45 キャリアブレイン )
関連記事
スポンサーサイト
2011.04.20 Wed l 中医協 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。