上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第3035号 2013年7月15日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第249回

医療倫理フリー・ゾーン
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3033号よりつづく)
 6月12日,名著『患者の権利』で知られるボストン大学教授ジョージ・アナスが,『ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(NEJM)』誌オンライン版に,「グアンタナモ・ベイは医療倫理フリー・ゾーンか?」と題する怒りの論説を寄稿した。医療倫理・患者の権利についての大家であるアナスは,いったい,何に怒ってこの論説を書いたのだろうか?


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03035_05
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.16 Tue l 李 啓充 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。