上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
死因究明関連二法案、診療関連死は除外 - 足立信也・民主党議員に聞く◆Vol.1

「法医学会のガイドライン以前に戻る」

2012年6月20日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

 今国会に提出された、死因究明関連二法案がこの5月、衆議院を通過、6月15日には参議院で可決、成立した。民主党の「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律案」と、自民・公明党の「死因究明等の推進に関する法律案」だ。

 一方で、厚労省では無過失補償制度の議論の過程で“医療事故調”の議論が、産科医療補償制度についても見直しの議論がそれぞれ進められている。

 死因究明関連二法案はどんな内容で、医療の現場にはどんな影響があるのか。また二法案、“医療事故調” 、産科医療補償制度の議論はどう関係するのか――。長年この問題に関わってきた、民主党参議院議員で元厚生労働大臣政務官の足立信也氏にお聞きした(2012年6月7日にインタビュー。計4回の連載)。


http://www.m3.com/iryoIshin/article/154560/?portalId=iryoIshin&pageFrom=openIryoIshin

http://www.m3.com/iryoIshin/article/154655/

http://www.m3.com/iryoIshin/article/154760/

http://www.m3.com/iryoIshin/article/154761/
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.13 Sat l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。