上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://archive.mag2.com/0000006653/index.html

2012/09/20
ごまめの歯ぎしり 2012年9月20日号 財務省の復興予算
前の記事
最新の記事
次の記事

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
メールマガジン「ごまめの歯ぎしり(応援版)」を創刊しました。
もし、月にワンコイン分のご支援をお願いできるなら、この
「ごまめの歯ぎしり(応援版)」をご購読いただけたら幸いです。
http://www.mag2.com/m/0001339330.html
ご支援ありがとうございます。

週刊現代とNHKが調べた復興予算の流用問題を、衆議院の決算行
政監視委員会で取り上げるべく、平将明代議士が交渉を続けてくれ
ている。

しかし、本家本元の財務省までが、かなりの流用をしている。

例えば2011年の三次補正の復興予算で、12億円を使って、1
2の税務署の耐震改修をやっている。

大阪福島、姫路、荒川、龍ヶ崎、古河、富岡、向島、藤沢、館山、
武蔵野、柏原、舞鶴。

2012年当初予算の復興予算に、大阪福島、姫路、荒川の3税務
署の改修予算5億6000万円が計上され、2013年度の概算要
求に大阪福島、姫路の2税務署の改修予算3億2200万円が含ま
れている。

その一方で、壊れた横浜税関仙台コンテナ検査センターの検査機器
の更新については、ようやく2013年の概算要求に12億円が計
上された。

財務省の来年度の概算要求の資料をみると、「大型X線検査装置の
復旧等」という項目がある。ああ、これが仙台のコンテナ検査セン
ターの機器だなと思うと、要求金額が24億8100万円とある。

ん、と思うと、この「大型X線検査装置の復旧等」の「等」のなか
に、大阪福島税務署と姫路税務署の改修費3億2200万円と国税
庁の国税総合管理(KSK)システムの改修費8億4000万円が
潜り込んでいる。

増税による復興予算なのだから、支出は被災地の復興に効果的な予
算を明朗に支出すべきであり、財務省はその先頭に立っているべき
だが、その財務省が復興予算を自らどがちゃがしていては、他省庁
に示しがつかない。

安住大臣は自ら襟を正す必要があるし、国会の予算委員会のシステ
ムも根本から改めて、一つ一つの項目を審査できるよう、全ての常
任委員会に小委員会を設け、各省の予算を審査する体制をつくるべ
きだ。
===========================================================
メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓
http://www.taro.org/gomame/index.php

■発行:河野太郎
●購読申し込み・解除:  http://www.taro.org/
●関連ホームページ: http://www.taro.org/
●ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/contact/

当レポートに掲載された記事は、全文を掲載する場合に限り転載・
再配布できます。
関連記事
スポンサーサイト
2012.09.20 Thu l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。