上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第2990号 2012年8月20日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第228回

オバマケア合憲判決の「想定外」(1)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(2988号よりつづく)
 オバマ政権が,国民の6人に1人が無保険という「無保険社会」解消をめざして医療保険制度改革法(通称「オバマケア」)を成立させたのは2010年3月のことだった。しかし,同法で国民すべてに医療保険加入義務を課した,いわゆる「インディビデュアル・マンデート」が定められたことに対し,フロリダ等26の州が原告となって「国民に民間商品の購入を義務付けるのは憲法違反」とする訴訟が起こされた後,連邦地裁・控訴裁レベルにおいて「合憲」「違憲」の判決がほぼ拮抗してきたことは以前にも述べた通りである(第2951・2953・2976号)。6月28日,米最高裁は「(大筋において)合憲」とする「想定外」の判決を下したのであるが,今回の判決がなぜ「想定外」であったのかをご理解いただくために,まず,これまでの経過を簡単に振り返ろう。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02990_06


関連記事
スポンサーサイト
2012.08.21 Tue l 李 啓充 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。