上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.kango-renmei.gr.jp/news/1465/

2012年1月31日看護連盟、組織代表に石田昌宏氏を決定

1月26・27日の両日行われた日本看護連盟の全国会長会議で、一年半後に行われる次期参議院選挙(全国比例)の組織を代表する候補者を石田昌宏氏とする方針が執行部から提示され、満場の大拍手で承認されました。

石田昌宏氏は、東京大学医学部保健学科卒の保健師・看護師で働き盛りの44歳。臨床での看護経験のほか、国会議員の公設秘書、日本看護協会政策企画室長、日本看護連盟幹事長と多くの経験を積み重ねてきています。

長い日本看護連盟の歴史の中で、男性が候補者予定者に推薦されることは初めてのことです。約150万人に近い就業看護職の中で男性は年々増えているとはいえ5%程度。しかし、かつては主に精神科を働く場としてきた男性看護師ですが、今では産科を除く臨床の場で、また保健師、訪問看護師として地域や事業所でも活躍しています。連盟活動の中では若手看護職が中心のポリナビや、次世代の政治家やリーダーを育成する政治アカデミーなどでも男性の活躍が目立つようになっています。


関連記事
スポンサーサイト
2012.02.01 Wed l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。