上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/y2012/m01/fudo120104.htm

風 土 計

--------------------------------------------------------------------------------
2012.1.4

 1月の和風月名は「睦月」だ。家族や親類縁者が一堂に会し、仲むつまじく過ごす月という意味が、これほど心に染みる正月もない

▼和風月名は、旧暦に基づく各月の呼称。新暦とは、1~2カ月のずれがある。例えば5番目の「皐月」は「五月」と書いても「さつき」だが、本来は6月から7月に至る梅雨時。「五月晴れ」のもともとの意味は、梅雨の晴れ間だという

▼盛夏の8月が、木の葉が落ちるころを意味する「葉月」と呼ばれるのも、そのせいだ。同様に「睦月」も今の1月とは重ならない。元は2月半ばから3月半ばごろ。昨年3月11日の東日本大震災の発災は、旧暦でいう「睦月」に当たる

▼自民党時代の終わりの始まりとなった小泉政権の5年半は、個人主義の暗部を際立たせた。流行語にもなった「自己責任」には冷たいイメージがつきまとう。そうした風潮は、かなり前から庶民の日常にはびこっていたような気がする

▼「小泉流」は、社会の様相が許容したという側面は否定できない。近所はおろか、近親者でさえ疎遠になりがちな世情のうつろさ、そして絆の尊さに3・11以降、われわれは気づかされた

▼三が日が明け、2012年の日本が動き出す。一人一人に降りかかる現実は厳しいが、決して独りではない。人を信じ、明日を信じて新たな一歩を踏み出そう。

関連記事
スポンサーサイト
2012.01.04 Wed l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。