上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.niigata-nippo.co.jp/nipposho/

 大晦日(みそか)である。2011年のカレンダーは用済みだ。いつもの年なら外して捨てるのだが、今年は1部だけ残すことにした。忘れてはいけない多くの日々が刻まれているからだ
▼人の記憶は頼りにならないと先日も書いた。忘れないためには日記が最適だが、カレンダーや手帳も頼りになる。地図も同様だ。大震災の後に発刊された被災地の地図は役立った。浸水地域や不通の道路、鉄道が一目で分かる。現地で広げながら歩いた。今、ページを繰るとその時の光景が目に浮かぶ
▼今年ほど東日本の地図を目にすることはなかった。福島原発を中心にした同心円図に加えて、虫食いの葉のような形が登場した。放射能の汚染度で色分けされた区域の呼び方も度々変わった。「帰還困難区域」の名称を見て、日本の国土が狭くなると感じたのは当方だけではなさそうだ
▼「戦争でもないのにあれだけの領土を失うことは大変なことだ」と憤る人がいた。確かに、一般国民が足を踏み入れることができなくなるのであれば、事実上の「領土喪失」といえる
▼沖縄の米軍基地も日本の領土だが、普通の市民は立ち入れない。敗戦から66年。「戦争の結果だから」と受け入れるにはあまりに長く、重い。環境影響評価書の送付をめぐるドタバタは、沖縄の怒りを増幅させた。列島がジグソーパズルなら、福島や沖縄で、大きなピースが幾つも欠けている
▼住む場所や安心を奪われたままの越年では心も晴れない。せめて来年は、良きことの記念のためにカレンダーを捨てられなくなる年にしたい。
新潟日報2011年12月31日
関連記事
スポンサーサイト
2011.12.31 Sat l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。