上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/1204n.html

【編集日記】(12月4日付)

 外来の患者に対し予約制を敷いている医療機関が多くなっているようだ。「2、3時間待って診療3分」といった批判に対応してのものなのだろう▼ただ、規模が大きく通う患者の数が多いような病院では、予約していても1時間やら2時間待たされることはよくある。苦痛を感じないわけではないだろうが、目的が目的なだけに待つことをやめる人はいない▼秩序を重んじるのは日本人の特質の一つといわれる。倫理観の低下や欠如が指摘されるようになったとはいえ、病院に限らず、バスや電車、飲食店、注目の新製品を売り出す店と、日本人は整然と列をつくり、待つ▼その待つ機会が増えるのはあまり喜ばしいことではないのに本県民は今、新たな「待つ」を強いられている。原発事故で拡散した放射性物質の除染がなかなか進まず、心配を抱える県民の待ち時間だけが延びる▼事故から1カ月ほど後には、住宅や学校、事業所、農耕地などの除染の必要性が叫ばれ始めていたのに、その後の国や県の対処はまるで亀の歩みをまねているかのようだ。本格的な除染が広がるのはいつになるのか▼病院の待合室のように合理的な理由があるのなら、待つこと、待たされることを受け入れもするが、背景にあるのが政治の怠慢だとしたら話は違ってくる。堪忍袋の緒も時間が過ぎれば切れやすくなる。
 
  福島民友新聞
関連記事
スポンサーサイト
2011.12.05 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。