上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.at-s.com/news/detail/100079171.html

11月28日(月)(11/28 07:25)

 「命は一つ」で始まる加川良さんの「教訓1」。フォークソングと青春を過ごした世代には懐かしい歌だろう。ひょうひょうとした加川さんの持ち味が出た、皮肉が効いた反戦歌である

▼久しぶりに聴いた。静岡市で開かれたシンポジウム。基調講演の冒頭、歌詞の「お国」を「会社」に変えて歌い、この日の主題の自殺防止を呼び掛けたのは振付師、心理カウンセラーなどとして活躍するwatariさん。お笑い芸人が社交ダンスに挑戦したテレビ番組の「金髪先生」と言えば思い出す人もいるかもしれない

▼映画「Shall we ダンス?」のダンス演出なども手掛けたwatariさんを襲った悲劇、母親の自死。自責の念からうつ病を患い、経営する会社の倒産も重なって自らも死に場所を求め北海道をさまよった。体験を下敷きにした「命を捨てるな」の訴えは迫力があった

▼自ら命を絶つ人が一向に減らない。13年連続で3万人を超え、今年も改善の兆しは見られない。不眠に着目した早期発見・早期治療のうつ病対策に全国に先駆けて乗り出した本県でも、残念ながら高止まり傾向が続く

▼自殺対策基本法の制定、総合対策の推進と、国が無策だったとは言わない。だが、最近聞こえてくるのは税負担の増大や年金の減額、生活保護適用の厳格化といった国民のストレスを増やし、安全網の目を広げる話ばかりだ

▼watariさんも指摘していたが東日本大震災被災地の動向も気になる。今のところ顕著な増加は見られないが、大切な人を失い、仕事や古里を奪われた人の心の傷を思えば油断はできない。時が経過して孤独死の問題が深刻化した阪神・淡路大震災の教訓も生かさねばなるまい。



関連記事
スポンサーサイト
2011.11.28 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。