上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/1019n.html

 【編集日記】(10月19日付)

 「子の曰(のたま)わく、三軍も帥(すい)を奪うべきなり。匹夫(ひっぷ)も志を奪うべからざるなり」。論語の中に出てくる言葉だ▼孔子が言うには、たとえ相手が大きな軍隊であっても、その総大将を奪い取ることはできる。だが、凡人だとしても、その志を奪い取ることはできないという(金谷治訳注・岩波文庫)▼人を動かすリーダーたるものに高い志が求められるのは当然だ。たとえ普通の人々であってもきちんと目標を立てて進むべき道を実現しようとする。地位にかかわらず、志を持つことの大切さを説いたともいえる▼東日本大震災と東京電力福島第1原発事故はさまざまな教育の場にも大きな影響を及ぼしている。会社で働いたり、家事に従事しながら学ぶ生徒たちにとっても自宅を流されたり、勤務先を失うなどして学業の基盤が脅かされているという▼東北各県と北海道地区の通信制高校から選ばれた生徒たちによる生活体験発表を聴く機会があった。どの発表者からも苦労を乗り越えようとする姿、悩みを克服しようとする姿勢、あるいは、描いた夢に向かって未来を切り開いていこうとする懸命な生き方や学ぶことへの思いが伝わってきた▼志を立てて信念を貫くことは、日々を生きるうえで大きな力となることをあらためて教えられたような気がする。夢の実現に向かって、確かな歩みを続けてほしい。
 
  福島民友新聞
関連記事
スポンサーサイト
2011.10.19 Wed l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。