上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/1018n.html

【編集日記】(10月18日付)

 カラスも数を認識できることが、生態に関する研究を続けている宇都宮大農学部・杉田昭栄教授らによる餌を使った実験で分かった▼同教授らの研究については小欄でもこれまでに何度か紹介してきた。カラスは人の顔を見分けることができた。男女の顔についても区別できることを突き止めたが、数の認識力を解明したのは世界で初めてという▼カラスによるごみの食べ散らかしなどの被害が表面化したのは日本人の食べ物が豊かになった高度経済成長期と一致するという。ごみも大量に出るようになったからだ。人間の暮らしに合わせカラスも巧みに生き抜いてきているといえよう▼今や嫌われ者になってしまったカラスだが、知能が高く愛玩動物として最高の素養を身に付けているそうだ。もし、真っ白でスズメほどの大きさだったら捕獲されて絶滅の危機に瀕(ひん)したかもしれないと同教授が指摘していたことも思い出す▼カラスが人間と同じような思考方法を持っていると考えてみるとその存在になにやら興味も湧いてくる。私たちがまだ知らない知能が備わっているかもしれない。今後の研究でそれらを引き出していきたいという▼昔から人々の身近にいたカラス。折に触れて人間の過ちや愚かさも空や屋根から見下ろしてきたに違いない。原発事故に苦しむ私たちをどのように見ているだろう。
 
  福島民友新聞
関連記事
スポンサーサイト
2011.10.18 Tue l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。