上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/2011fudokei/m10/fudo111017.htm

風 土 計

--------------------------------------------------------------------------------
2011.10.17

 タイ在住の知人から1枚のDVDが届いた。東日本大震災の被災者を励ます全国日本語スピーチ大会の記録だ

▼高校生7人と大学生19人が学校で習い、留学先で覚えた言葉で共感や支援を訴える。モンナパー・チャワナラックさんはバンコクに住む女子高生。憧れの国・日本にまだ行ったことはない。日本語は少したどたどしいが、その分、心に響く

▼「地震があり、たくさんの人が死んで建物や車が津波で流された」と惨状を語り「以前タイで津波があった時は日本人が助けてくれた。そのことを私たちは忘れない。日本が大変な時はタイも同じです」と結ぶ

▼2004年のスマトラ沖地震も巨大地震だった。同国南部も大津波に襲われた。日本は政府開発援助(ODA)で国際緊急援助隊を送り、物資で支援した。それから7年後、タイは医療チームを派遣し、多額の義援金を届けてくれた

▼今、タイは過去最悪という大洪水に苦しむ。アユタヤで自動車を製造する日系工場が浸水で生産停止するなど、わが国にも大きな影響を与えている。ODAの緊急支援として日本はテントや毛布、発電機、浄水器などの物資を送った

▼仏教徒が9割以上のタイでは輪廻(りんね)転生を信じて寄進し、恵まれない者を援助することをタンブンという。「徳を積む」という意味だ。タンブンは人のためならず。

関連記事
スポンサーサイト
2011.10.17 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。