上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/2011fudokei/m10/fudo111007.htm

風 土 計

--------------------------------------------------------------------------------
2011.10.7

 映画「チェルノブイリ・ハート」が盛岡市で上映されている。チェルノブイリ原発事故の「その後」。題名は、子どもたちに現れた重度の心臓障害を意味する

▼心臓に限らない。甲状腺がんの多発、知的障害、手足の異常、水頭症で頭が異様に膨らんだ子どもたち。乳児死亡率も3倍に増えた。カメラは四半世紀前に起きた原発事故で、放射能に汚染された地域の姿をとらえていく

▼その映像が3年前にベトナムで見た光景とオーバーラップした。ホーチミン市のツーズー病院を訪ねたときのことだ。そこにも映画と同じように、悲しみを背負って生まれてきた子どもたちがいた。障害は次の世代まで及ぶ

▼チェルノブイリではまき散らされた放射性物質、ベトナムでは戦争中に米軍が大量に散布した枯れ葉剤が、人の遺伝子を傷つけた可能性が大きい。共通するのは、一番の被害者が生まれてくる小さな命だということだ

▼戦争は最大の暴力と言われる。原発事故も、多くの命を奪い、危険にさらすという理不尽さでは変わらない。映画では「放射能という名の暴力」と表現していた。そして、再びその暴力が東京電力福島原発で起きてしまった

▼フクシマを第二のチェルノブイリにしてはいけない。このドキュメンタリー映画が訴えるメッセージは限りなく重い。

関連記事
スポンサーサイト
2011.10.07 Fri l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。