上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/2011fudokei/m09/fudo110921.htm

風 土 計

--------------------------------------------------------------------------------
2011.9.21

 学齢に達していたかどうか記憶は定かではないが、放浪の画家山下清に頭をなでられたことがある。盛岡で開かれた個展で、楽屋に忍び込んだ時だ

▼親から「普通と違う人だ」と言われて作品を眺め、どこかの花火の絵の複製を買って帰った記憶がある。楽屋は会場とカーテンで仕切られただけだったような気がする。中をのぞくと、大きな男の人が背を丸めてズボンをはこうとしていた

▼声を聞いた覚えはない。間近で見た山下清の大きな顔は幼心に強烈な印象を残した。およそ「天才」と名のつく人を、人生で初めて見た体験は音もなく、セピアがかった映像の記憶だけ。山下が愛してやまなかった花火のようなものだ

▼山下は生前「世界中の爆弾を集めて、花火にして打ち上げちまえ」と言っていたという。もちろん思想性のある言葉ではあるまいが、今あらためて思い起こすと意味深長だ。放射性物質の拡散で、花火の打ち上げもままならない世の中だ

▼愛知県日進市で、福島県内の花火店で製造された花火の打ち上げが市民の苦情で中止されたという。陸前高田市の高田松原の被災松を使った供養の営みが、世相に翻弄された出来事と重なって、やり場のない憤りが胸の奥をせり上がる

▼火薬なら花火にもできる。放射性物質をどう始末すべきか。山下清の見立てを聞いてみたい。

関連記事
スポンサーサイト
2011.09.21 Wed l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。