上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://yamagata-np.jp/danwa/index.php?par1=20110829.inc

談話室>>山形新聞トップ >>談話室
▼▽民主党の代表選告示とともに残暑が復活したような県内。日中は蝉(せみ)が最後の力を振り絞るように樹上で鳴いていたかと思うと、日暮れとともに主役は交代。今度は草陰でコオロギやスズムシが盛んに鳴き声を競い合う。

▼▽27日に告示された民主党代表選。わずか2日後のきょう、同党衆参国会議員398人の投票で新代表が選ばれる。候補者は衆院山形1区選出の鹿野道彦農相をはじめ同党代表選では最多の5人。きのうは朝からテレビ出演や討論会などで政策などを語り、支持を呼び掛けた。

▼▽5人と言えば、想起するのは「三角大福中」。ご存じの方も多いだろう。戦後最長政権記録を残した佐藤栄作氏退陣後に首相の座をめぐって自民党では激烈な党内抗争が演じられた。途中、鈴木善幸内閣を挟んで派閥の領袖(りょうしゅう)5人が約15年間にわたって権力闘争を繰り広げた。

▼▽「傀儡(かいらい)政権」「闇将軍」や「怨念政治」などの言葉も頻繁に使われた。民主党代表選候補5人のうち自らグループを率いるのは2人だけ。時代とともに政治状況やスタイルも大きく変化し、傀儡や怨念が再度闊歩(かっぽ)することはないと信じたい。主役交代劇はまもなく幕開けだ。

(2011/08/29付)
関連記事
スポンサーサイト
2011.08.29 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。