上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://yamagata-np.jp/danwa/index.php?par1=20110814.inc

▼▽このところ蝉時雨(せみしぐれ)がにぎやかだ。鳴きだすのが遅かった今夏だったが、暦に追いつくかのように、鳥も顔負けするほどの大合唱が響く。早朝から小学生は公園に集まり、昆虫標本を作ろうと、網を手に駆け回っていた。

▼▽学校の夏休みもいよいよ終盤。早いところでは今週から2学期が始まる。子供たちにとっては宿題を仕上げなければならないころだ。「まだ休みはある」と思っていたら、あとが大変。小学生時代に半べそをかきながら、たまった絵日記を完成させた苦い記憶がよみがえる。

▼▽夏休みの自由研究として、かつては昆虫採集が定番だった。セミの抜け殻を集めたことがある。約30個に絵の具を塗りたくり、大小に分類して提出した。大まじめだったが、始業式早々、親が学校に呼び出された。今思えば色付けしなければよかったと悔やまれてならない。

▼▽土壇場になって手伝いに駆り出される親も多いだろうが、計画的に取り組まなかった反省をさせるのも親心。ここは自力で乗り越えさせたい。さてお盆休み中の国会。山と積まれた宿題が残っている。短命でも勢いを得た精勤なセミの鳴き声、菅首相にも聞こえるだろうか。

(2011/08/14付)
関連記事
スポンサーサイト
2011.08.14 Sun l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。