上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/2011fudokei/m07/fudo110727.htm

風 土 計

--------------------------------------------------------------------------------
2011.7.27

 「震災婚」という新語を耳にする。東日本大震災を契機に、独り身のリスクに目覚め、結婚を決意したり、積極的にパートナーを求める男女が増えているという

▼アクサ生命が20~50代の1万人に行った「震災後に『見直したもの』実態調査」によると、震災を機に結婚に理想を求める割合が減り、妥協を認める人の割合が増えた。独身女性が結婚相手に求める条件も、ひと昔前とはかなり違う

▼バブル期に喧伝された「三高(高収入・高学歴・高身長)」はすっかり影を潜め、昨年の調査では「価値観が合う」「金銭感覚の一致」「雇用形態の安定」が「新御三K」。今年は「雇用形態」に代わって「健康」が急浮上した

▼外見より中身に女性の関心が高まる傾向は、世の多くの男性にとって光明だろう。「三高」も価値観や金銭感覚の一致、心身の健康あればこそ-という本質論に目が向くのは、独身女性にとどまらず、社会の成熟と言えるかもしれない

▼働き方では「家族の近くで働きたい」「仕事より家族優先」が増え「高収入を得たい」「出世したい」が減ったのも特徴的。大都会に職を得て、故郷を遠くに思う東京一極集中の現実は、心の側面から変わりつつある気配がある

▼恋人も家族も古里も、近くにあって思うもの。そうした機運の高まりが、復興の下支えになるだろう。

関連記事
スポンサーサイト
2011.07.27 Wed l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。