上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://yamagata-np.jp/danwa/index.php?par1=20110724.inc

▼▽子供のころ「食べてすぐ寝ると牛になる」と怒られた。食後に横になったり眠ったりするのは行儀が悪いことと戒める言葉だ。確かに胃もたれや胸焼けなどの原因にもなる。理屈は分かっていても、とろとろまどろむ心地良さは格別。

▼▽食後ではなくても短時間の仮眠は大脳にリフレッシュ感をもたらすという。静岡のある高校では午後の授業前に生徒が昼寝する時間を導入している。一斉に机に顔を伏せて、クラシック音楽を聴く。「集中力向上が期待できる」という専門家の声もあり午睡効果に注目が集まっているとか。

▼▽南欧では「シエスタ」という長めの昼休みがある。この生活習慣をヒントに、岐阜県は節電対策として昼寝作戦「シエスタ休暇」を展開中だ。庁内の電力消費量がピークとなる午後1~3時に、職員は有給休暇(時間休)を取り、仮眠をしたり、子供の検診に付き添ったりしているという。

▼▽牛は満腹になるとゆっくり横になり反芻(はんすう)する。牧場や牛舎で見ると、のどかで心落ち着く風景だ。主要な餌となっている稲わらだが放射性セシウムによる汚染問題が広がっている。農家や消費者の言う「信頼回復・全頭検査」は急務。政府も関係者も午睡する暇どころか猫の手も借りたい。

(2011/07/24付)
関連記事
スポンサーサイト
2011.07.24 Sun l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。