上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://yamagata-np.jp/danwa/index.php?par1=20110705.inc

▼▽アロハシャツやジーンズ姿など一層軽装化された「スーパークールビズ」が環境省の音頭で始まって1カ月余りたつ。ただ、同省では短パンやビーチサンダルなどの着用は認めていない。もちろん、ビキニスタイルなどとんでもない。

▼▽きょう7月5日は「ビキニスタイルの日」。話が飛躍する訳がある。ご承知の方が多いと思うが、ビキニ水着の名称は1946(昭和21)年7月1日に最初の原爆実験が行われたビキニ環礁に由来する。大胆な水着の登場は破壊的だったため、原爆に例え実験の4日後に命名、発表された。

▼▽女性用水着と原爆をつなげた当時の発想に首をかしげる。ましてわが国は54(同29)年、ビキニ環礁での水爆実験で第五福竜丸をはじめ漁船が死の灰を浴び被ばくした。「節電列島」の今夏、自粛ムードもある中で県内海水浴場の入り込み状況はどうなるか。ビキニ姿も気になるところだ。

▼▽東日本大震災、特に福島原発事故を体験した今、複雑な心境になるのは過剰反応だろうか。「小笠原諸島」と被災地岩手県の「平泉の文化遺産」が世界遺産登録という朗報があった。ビキニ環礁はひと足先の2010年、世界遺産になった。もちろん負の遺産として。考えさせられる夏だ。

(2011/07/05付)
関連記事
スポンサーサイト
2011.07.05 Tue l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。