上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.niigata-nippo.co.jp/nipposho/662.html

 東北地方が21日、梅雨入りした。沖縄県が梅雨明けしたのが今月9日である。あらためて日本列島の長さ、気候の違いを思い知らされる
▼その沖縄が、日本一の生産量を誇る農産物は、ゴーヤー、サトウキビ、パイナップル、マンゴーなど数多い。中でもゴーヤーは今夏、グリーンカーテンの主役として注目を集める。県内のホームセンターでは苗が品薄になったところもあるとか
▼日差しを遮ってくれる葉を育てようと、毎日せっせと水やりをしている方も多かろう。ビタミンCがたっぷりの実も楽しみである。炒め物が一般的だが、バナナと牛乳を加えてミックスジュースにするとおいしい。知人から教わり、夏の定番になった
▼こんな豊かな実りをもたらしてくれる島が、かつて太平洋戦争の地上戦で焼かれ、県民の4人に1人が犠牲となった。今は在日米軍基地の面積の75%を引き受けてもいる。危険と背中合わせの日々は、どれほどの重圧だろう。あす23日は「沖縄慰霊の日」である。過去から現在へと続いてきた、かの地の苦悩をあらためて思い起こしたい
▼原発もまた同様である。長い列島のあちらにもこちらにも、見落としがちな痛みを抱える地域がある。その痛みをどうすれば軽減できるのか。私たちが当事者として知恵を出し合うしかない
▼沖縄に「ナカユクイ」という言葉がある。ひと休みという意味だ。梅雨が明ければ長い夏が来る。国家問題から身近な悩みまで、解決するには根気が必要なときもある。あせらずにいきましょう。ナカユクイを取りながら。
新潟日報2011年6月22日
..
関連記事
スポンサーサイト
2011.06.22 Wed l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。