上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://yamagata-np.jp/danwa/index.php?par1=20110620.inc

▼▽去年秋の休日、子供のアルバイト先だった軽井沢まで車を走らせた。途中、北関東自動車道の未開通部分でいったん一般道に下りたため、通行料金は2000円。一方、帰路は平日で7400円だった。それでも随分得をした気分だった。

▼▽高速道路の「休日1000円」と「無料化実験」が終了した。振り返ってみると確かに恩恵を感じた人は多いだろう。しかし連休中などはうんざりするあの渋滞。逆に一般道は閑古鳥状態で、県内も大迷惑を受けた観光施設などがあちこちで現れた。結果は振り回されっぱなしの打ち切りである。

▼▽何が間違いだったのだろう。高速無料化は民主党の公約だが実験路線は全体の2割弱で全くの看板倒れだ。休日1000円は自公政権の落とし物? どちらにしても政治の人気取りに利用されたようで納得がいかない。財源の裏付けもなしに踏み切ったことが、そもそも無謀だったのではないか。

▼▽高速道と一般道の適正なすみ分けのための料金見直しは不可欠だろう。ガラガラの高速道などもったいない。だが、タダより高い物はないともいう。そこは環境税のような、なにがしかの負担をセットに考えるべきではなかったのか。結局は愚策のツケにケリをつけるのは我々(われわれ)庶民なのだ。

(2011/06/20付)
関連記事
スポンサーサイト
2011.06.20 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。