上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第3057号 2013年12月23日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第260回

Young Invinciblesをめぐる攻防
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3055号よりつづく)
 アンクル・サムは米連邦政府を擬人化した架空のキャラクターである。通常,星柄のシルクハット・赤色の蝶ネクタイ・紺色の燕尾服・紅白縦じまのズボンを身にまとった白髭の男性であるが,いま,日本ではやりの「ゆるキャラ」の先駆け的存在と言えば言えないことはない。

 しかし,日本のゆるキャラが郷土愛を象徴する愛すべき存在であるのとは違い,アンクル・サムの場合,しばしば,米連邦政府に対する嫌悪感・反感を投射する対象としてネガティブに使われることも多い。例えば,最近ある保守派グループが作成した反オバマケア・キャンペーン用のTVコマーシャルにも,アンクル・サムが「悪役」として登場する。このグループが作成したコマーシャルは,登場人物の男・女の別によって2つのバージョンがあるのだが,女性版は以下のようなストーリーとなっている。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03057_05
スポンサーサイト
2013.12.24 Tue l 李 啓充 l top
日本歯科新聞
12月17日付

公益法人協が新制度の意義と展望でシンポ

公益法人協会(太田達男理事長)は12月5日、東京都千代田区の中央大学駿河台記念館で、11月末の新公益法人制度の移行期間満了を受けたシンポジウムを開催した。公益社団法人、公益財団法人、一般財団法人など、さまざまな形態の公益的団体の代表者や学識経験者、政治家らも出席。新制度移行の意義と今後の展望について話し合った。

http://www.dentalnews.co.jp/news_details/news_details_2013.html#121704
2013.12.18 Wed l 未分類 l top
第3055号 2013年12月9日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第259回

大統領の「公約違反」
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3053号よりつづく)
 前回・前々回と,オンライン医療保険交易所の機能不全で,オバマケアが「船出」と同時に大嵐に見舞われた事情を説明した。オバマ政権の「準備不足」が厳しく批判されたのは言うまでもないが,政権の苦境にさらに輪をかけるかのように,いま,オバマの「公約違反」が問題となっている。


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03055_03
2013.12.14 Sat l 李 啓充 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。