上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第3039号 2013年8月19日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第251回

ある医師の悔悟
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3037号よりつづく)
 「Ideas worth spreading」なるキャッチフレーズの下,世の中を変え得るインパクトを持つアイディアを紹介する「TED talks」については日本でもよく知られていることと思う。最近オンラインで公開されたTEDトークの中でもっとも視聴回数が多いのは,ある医師が「患者に済まないことをした」とその「罪」を悔いたものだった。涙声で患者の許しを乞うて視聴者を感動させたのはピーター・アティア医師だったが,以下,彼のトークの概略を紹介する(註1)。

肥満患者への反感

 「2006年春のある一日のことを私は決して忘れないでしょう。その日,ジョンズ・ホプキンス大学で外科レジデントをしていた私は,夜中の2時に救急外来に呼ばれました。糖尿病性壊疽のため,足の切断が必要な患者でした」。

「その3日前,私は,末期膵臓癌を患う27歳の新婚女性を診たばかりでした。医学的に彼女の命を救うことが不可能であることはわかりきっていましたが,私は,彼女の入院が少しでも快適なものとなるよう,医師としてできることは何でもしようと努めました。毛布やコーヒーを病室に持って行ったりしたのです。膵臓癌になってしまったのはご本人のせいではありませんし,彼女が置かれた状況に同情したからに他なりません」。

 「ところが,壊疽の患者は2型糖尿病の肥満女性でした。口にこそ出さなかったものの,『運動もしないで食べ過ぎるからこうなったのだ』と,私は病気になったのは患者の自己責任と決めつけていたのです。当時私は癌の研究に携わり,『従来から受け入れられている説が正しいと決めつけてはいけない』と厳しく教えられていたというのに,『肥満と糖尿病の関係はもうわかりきったこと』と決めつけていたのです」。

 「3年後,私は,自らが患者となったことで自分がどれだけ間違っていたかを悟ることとなりました。毎日3,4時間運動し,栄養にも気をつけていたというのに,メタボリック・シンドロームの診断を受けてしまったのです。『インスリン抵抗性』となることの恐ろしさは熟知していましたし,私は,食事に過激ともいえる変更を加えて(運動量はそれまでより少なくなったにもかかわらず)18 ㎏体重を落とし,『インスリン抵抗性』から逃れることに成功しました」。

肥満は本当に諸悪の根源なのか?

http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new
スポンサーサイト
2013.08.20 Tue l 二木立 l top
2.インタビュー:リハ医から転身した医療経済学者 医療問題の論客が地方私大の危機に立ち向かう

(『日経メディカル オンライン』2013年7月10日。
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/201307/531528.html)[『日経メディカル』2013年7月号(122-123頁)に掲載された同名インタビューの増補版]

(聞き手:大滝隆行=日経メディカル)

●二木 立 氏(日本福祉大 学長)

1947年福岡県生まれ。72年東京医科歯科大卒。東大病院リハビリテーション部、代々木病院理学診療科科長・病棟医療部長などを経て、85年日本福祉大教授。2009 年同大副学長・常任理事。13年から現職。

リハビリテーション医から医療経済・政策学の研究者に転身し、医療問題の論客としても知られる二木立氏。今年4月、福祉系総合大学の学長に就任し、少子化の影響で定員割れが続く大学のかじ取りを任された。「福祉と医療は数少ない『安定成長産業』。この好条件を生かせば生き残りは十分可能」として大学改革の先頭に立つ。


http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20130801-niki-no109.html#toc2
2013.08.15 Thu l 二木立 l top
1.論文:安倍内閣の「骨太方針」と「日本再興戦略」の医療・社会保障改革方針を読む

(「二木学長の医療時評」(114)『文化連情報』2013年8月号(425号):14-20頁)

はじめに

安倍内閣は6月14日、次の3文書を閣議決定しました。(1)「経済財政運営と改革の基本方針(以下、「骨太方針2013」または「骨太方針」)、(2)「日本再興戦略」、(3)「規制改革実施計画」。3文書はそれぞれ、経済財政諮問会議「骨太方針(仮称。素案)」(6月6日)、産業競争力会議「成長戦略(素案)」(6月5日)、規制改革会議「規制改革に関する答申」(6月5日)をベースにしています。「骨太方針」が決定されたのは、麻生内閣時の2009年以来、4年ぶりです。ただし、小泉内閣~麻生内閣時代は「骨太の方針」と呼ばれていたのに対して、今回はなぜか「骨太方針」が略称とされています。

本稿では、これらのうち主として「骨太方針2013」と「日本再興戦略」に書かれている医療・社会保障改革方針を検討します。ただし総花的検討は避け、小泉・福田・麻生内閣時代の「骨太の方針」、および民主党内閣時代の一連の類似した閣議決定(特に菅内閣が2010年6月に閣議決定した「新成長戦略」)との異同に注目します。結論的に言えば、「骨太方針2013」は、小泉内閣時代の「骨太の方針」の部分復活と言えますが、全面復活ではなく、福田・麻生内閣時代の「骨太の方針」、さらには民主党・菅内閣の「新成長戦略」との類似も少なくありません。「日本再興戦略」で示されている医療・社会保障制度改革方針の多くは、「新成長戦略」の焼き直し・二番煎じで新味に欠けますし、「新成長戦略」の場合と同じく、それらに大きな経済成長効果はありません。

3つの閣議決定の「格」の違い

両文書の内容の検討に入る前に、「規制改革実施計画」を含めた3つの閣議決定の「格」の違いについて述べます。新聞報道ではこの点が見落とされ、3つの閣議決定、特に「日本再興戦略」に書かれている個々の改革方針が注目されています。しかし3つの閣議決定の素案・原案をまとめた経済財政諮問会議、産業競争力会議、規制改革会議の法律上の「格」の違いを無視して、各文書に書かれてあることを「ピンポイント」で議論すると、大局を見失います。

まず、経済財政諮問会議は内閣府設置法第19~25条に設置根拠があり、内閣総理大臣が議長を務める一番「格上」の組織です。次に、産業競争力会議は経済再生本部の下部組織で、議長は内閣総理大臣が務めますが、経済再生本部は法律ではなく閣議決定に基づく組織で、経済財政諮問会議より明らかに「格下」です。さらに、規制改革会議は内閣府設置法第37条第2項に基づく政令「規制改革会議令」で設置された「審議会」にすぎません。議長は民間人で、もちろん内閣総理大臣も出席しません。

以上の3組織の違いから明らかなように、先ず検討すべきは一番「格上」の経済財政諮問会議「骨太方針」に書かれていることです。



http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20130801-niki-no109.html#toc1

2013.08.15 Thu l 二木立 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。