上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20111130_01.htm

河北春秋 1961年1月20日、ケネディ米大統領は就任演説でこう述べた。「国が自分に何をしてくれるかを問いたもうな。自分が国に何ができるかを問いたまえ」▼希代の演説家として知られたケネディ。自ら考え、行動する善き市民であることを求めたフレーズは、参加型民主主義の原点を言い当てて今なお輝きを放つ

 ▼東日本大震災からの復興でも、この精神が大事なのだとNPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸の中村順子理事長(64)から教わった。関西弁で言うと、こうなる。「アンタは街のために何ができんの?」▼阪神大震災後、水くみのボランティアを始めた。仮設住宅が整備されるころ、中村さんはある変化に気付いた。自立に向けて歩みだす人がいる一方で「もっと物を、もっと手伝いを」と依存傾向を強める被災者が増えていた

 ▼与えるボランティアと受け取る被災者。関係性が固定すれば、結果的に被災地はいつまでたっても自立できない。そう考えた中村さんは炊き出し班を地域の配食グループに再編したり、カフェを運営してもらったりした▼中村さんたちは支援活動を続ける岩手県大槌町で、住民自身が運営する「笑いの弁当会」を企画している。できる人から、できる範囲で。尊厳ある復興とは何か。それは「アンダ、何がすっぺし」。

2011年11月30日水曜日
スポンサーサイト
2011.11.30 Wed l メディアリテラシー l top
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/1130n.html

【編集日記】(11月30日付)

 予想された通りいずれの選挙も投票率が上昇した。橋下徹代表率いる「大阪維新の会」が圧勝した“大阪ダブル選”に関してのこと▼市長選での投票率は前回を17.31ポイントも上回る60.92%。また、知事選も3.93ポイント上回って52.88%となった。大都市になればなるほど投票率が低下する傾向にあるが、今回は知事選、市長選とも大きく伸びている▼列島全体が景気低迷などで停滞感や閉塞(へいそく)感に覆われている。この不満を大阪の有権者が代弁したとの見方もあるが「ハシズム」と評される強引な政治手法については批判が多く、行政運営にも危うさがつきまとう▼本県でも先月20日に県議選が行われたが、残念ながら、投票率は過去最低だった。大震災と原発事故に苦しみ、今も多くの有権者が避難を強いられている中での実施だった。それだけに避難者を含む県民の置かれている特異な状況を物語る▼改選後初の県議会は12月9日に開会する。今、議会に求められているのは厳しい生活を強いられている県民の声に耳を傾けて、再生への展望を示していくことだ。行政のチェックという役割を果たしつつ、不安や不満をすくい上げてほしい▼いずれの新県議も古里の将来を託された地域の代表たちだ。「3.11」以降、県内を覆っている停滞感や閉塞感を少しでも払拭(ふっしょく)できるよう実のある論戦を望みたい。
 
  福島民友新聞
2011.11.30 Wed l メディアリテラシー l top
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4127&mode=0&classId=2&blockId=9911076&newsMode=article

あぶくま抄(11月30日) 
 児童の成長は通学時の後ろ姿で分かる。高学年になるにつれ、背負ったランドセルが小さく、遠慮がちに見える。日頃、どんなにぞんざいに扱っていても、気がつけば並々ならぬ愛情を注いでいる。

 津波で、たくさんのランドセルが浜通り地方で流された。泥に埋もれながらも見つけ出され、持ち主に戻った事例がある。原発事故による放射能被害で家族が避難し、家に置いたままも多い。警戒区域への一時帰宅の際には「孫のために…」と祖父母が持ち帰る姿もあった。持ち出しの数に限りがある中、親も優先した。

 泉崎村の工場は休日返上で製造に忙しい。最近は少し大きめが人気だ。学校が配るプリントを折り曲げないで持ち帰れるから、という。色合いも豊富になってきた。従業員の丁寧な作業は今までと変わらない。だが、放射能汚染を県外の取引先が心配する。製品を公的機関で測定し、インターネットでも結果を公表している。

 本県産に対して放射能問題がまとわりつく。粘り強く情報を発信するほかない。ランドセルは子供の夢を育む道具の一つだ。6年間、泣き笑いも共にする。工場の従業員は昨年にも増して安全な製品づくりに心を配る。

2011.11.30 Wed l メディアリテラシー l top
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02955_04
2011.11.29 Tue l 李 啓充 l top
http://www.niigata-nippo.co.jp/nipposho/815.html

 「シュートの時速は127キロ、チーターの走るスピードは分速2キロ。さてどちらが速いでしょう?」。川崎市の小学校は授業で、地元に本拠地を置くJ1チーム「川崎フロンターレ」を題材にした算数ドリルを使っている
▼地域に密着したチームでありたい。教材が面白ければ子どもたちの学習意欲も高まるのではないか。そんな思いからドリルは作られた。クラブのプロモーション部長、天野春果さんが著書「僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ」で紹介している
▼大震災以降、スポーツの力をあらためて感じさせられることがたびたびあった。J1では被災地のチーム「仙台」が活躍している。女子サッカーでは、なでしこジャパンがワールドカップ(W杯)で初優勝し、日本中に感動をもたらしてくれた
▼20日に幕を閉じたなでしこリーグは震災で大きな影響を受けた。福島県に本拠地を置く東京電力が活動を休止。9チームでの争いとなり、日程も変更されたが、ファン層を大きく広げた
▼アルビレックス新潟レディース(新潟L)は5位で終わったが、2選手がW杯で活躍し、県内の女子サッカー盛り上げに貢献した。12月、全日本女子選手権が始まる。男子の天皇杯に相当する。新潟Lは昨年ベスト4に入った。元日の決勝戦で躍動する「新潟」の文字を見たい
▼「川崎」の天野さんは「この国をスポーツの力で、もっと幸せな国に変えることができると信じている」と書く。ちょっと気が早いが、新潟Lが日本一に輝いたら、これ以上のお年玉はない。夢が膨らむ。
新潟日報2011年11月27日
..
2011.11.28 Mon l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。