上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://www.niigata-nippo.co.jp/nipposho/641.html

 山開きのニュースが紙面に登場する時季となった。ぐずついた天候が続いているが、飯田蛇笏(だこつ)が「山塊を 雲の間にして 夏つばめ」と吟じたような、爽やかな空が待ち遠しい
▼ツバメは飛びながら、空中の虫を捕らえる。気温が低い日や雨のときは、虫が地面や水面近くにいることが多いので、ツバメも低空飛行になるとか。ツバメの仲間、イワツバメは特にその傾向が顕著で、「高く飛べば晴れ、低く飛べば雨」のことわざは本当だと、本にあった
▼ツバメが人家に巣を作る理由は、ほかの鳥にマイホームを奪われないためらしい。鳥は人を恐れるが、ツバメは人が危害を加えないと一方的に信じているのだ。しかも古巣を繰り返し使うことが多い
▼こんなに深い付き合いがあるからこそ、文学の傑作も生まれる。オスカー・ワイルドの「幸福な王子」は、南に帰ろうとするツバメが、王子の像に頼まれ、宝石を貧しい人たちに分け与えているうちに、帰りそびれて死ぬ話だ
▼幼いころ読み聞かせてもらって、「なぜ断らなかったのか」と思われた方もいるに違いない。「物質文明への批判」「自己犠牲の崇高さ」など、物語をさまざまに読み解けることが、衰えぬ人気の理由である
▼今夏、東北では、昨年まで使っていた巣を探すツバメの夫婦がたくさんいることだろう。残った建物で子育てできることを願う。小さい命でも、そばにあれば温かい。王子のように宝石を配れとは言わない。高く飛び、せめて好天を告げてほしい。拙い句を。「被災地に やすらぎ運べ 夏つばめ」
新潟日報2011年5月31日
..
スポンサーサイト
2011.05.31 Tue l メディアリテラシー l top
http://www.at-s.com/news/detail/100032718.html

5月31日(火)(5/31 07:21)

 ピーター・F・ドラッカーの名前はサラリーマンなら一度は聞いたことがあるだろう。そのドラッカーへの関心がこのところ、急速に高まったのは、もちろん200万部を超える大ベストセラーとなり、間もなく映画公開される「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)の影響に違いない

▼略して「もしドラ」。勘違いから経営学者ドラッカーの著書「マネジメント」を買った弱小高校野球部の女子高生が一念発起し、この本を指南書に部活動を活発にし、甲子園を目指す物語だ

▼著者の岩崎夏海さんは、高校の部活動を舞台にしたのは、「部の運営や人間関係に悩む子どもが多いのなら、組織運営の指針を分かりやすく紹介すれば受け入れやすい」と考えたからと、県内での講演会で語っている。岩崎さんの戦略はズバリ当たったということだろう

▼ドラッカーは、リーダーの在り方も実に分かりやすく説明している。「ドラッカーの遺言」(講談社)にこうある。有能な経営者は、業務における決定が業務遂行までの期日を設け、その期日内に成し遂げ得る責任者の名前を決めるまでは、真の意味での決定とは言えないことを知っている、と

▼福島第1原発事故をめぐる関係機関の対応を見ていると、ドラッカーの言う有能な経営者はどこに、と考えてしまう。東京電力、官邸、経産省、文科省、原子力安全・保安院、原子力安全委員会…。どこでも言質を取られまいと責任回避にきゅうきゅうとする「責任ある」人たちの姿勢がちらつく

▼年内の事故収束は絶望的との声も聞く。本当のことを言う真の責任者は誰なのか。避難者の思いだろう。



2011.05.31 Tue l メディアリテラシー l top
http://www.kobe-np.co.jp/seihei/0004123058.shtml

正平調
2011/05/31
「海をあんなに恐ろしく、また恨めしく思ったことはない」。仙台市に住む詩人、斎藤紘二さんの言葉である。東日本大震災で被災し、5日目に電力が復旧した。沿岸部を襲う津波の映像をテレビで見たとき、そんな感情を抱いたという◆東北では多くの人が、降りしきる雨と、雨を運ぶ風を、恐ろしく、恨めしいとの思いで見詰めていることだろう。地震と津波で地盤が沈下した地域が水に漬かった。斜面や堤防が崩れる危険に、眠れぬ夜を過ごした人も少なくあるまい◆福島県の原発では、汚染水の水位がじりじりと上昇する。収束させようとする人間の努力をあざ笑うかのように。被災者は十分に苦しくつらい目をしている。自然の仕打ちは、いかにも非情に思える◆兵庫県内でも、台風23号や県西・北部豪雨の爪痕がまだ残る。このたびの風雨でも、淡路と但馬で5月の観測史上最大の24時間雨量を記録し、各地で土砂崩れや冠水が起きた。東北と同じ空を見上げ、もう少し穏やかにと祈り続けた◆それでもきのう、道端のアベリアが先週末より高く生い茂っていた。雨を吸って白い花が元気を増している。鬼神のような自然にも、慈母のやさしい顔があると知る◆「雨に打たれても花は決して折れない」。サイモンとガーファンクルが歌う「雨に負けぬ花」の一節を思い出す。私たちは決して負けない。その思いが台風一過の薫風に乗って東北の地に届けばいい。

2011.05.31 Tue l メディアリテラシー l top
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20110531_01.htm

河北春秋 「Markt」(マルクト)。市場のことをドイツ語圏ではこう呼ぶ。広場の意味もある。広場に市が立てば、老若男女が集い、食べ、買い、談笑する。交流こそは市場の醍(だい)醐(ご)味(み)▼おとといの日曜日、宮城県南三陸町を訪ねた。雨模様にもかかわらず、高台にある志津川中は押すな押すなのにぎわいである。復興市ではなく「福興市」と銘打ったところに、ハマの気概を見る

 ▼津波による死者・行方不明者は1100人を超える。3.11から、町民は感情を押し殺すようにして暮らしてきた。震災前の観光ガイドから「語り部」ガイドへ。この日、一群の人たちが被災の実相を語り始めた▼「どうして逃げなかったのか」と無二の親友を亡くした女性。「1カ月何もする気が起きなかった」人もいれば「何かしていないと気が紛れなかった」人もいる。迫真の体験談に聴衆は息を凝らす

 ▼リーダー役の後藤一磨さんが言う。「私たちは全国から支援を受けている。一人一人に経験を語ってもらうことで恩返ししたい」。過去から未来へ。被災の伝道師たちはその結節点にいる▼「引きこもっていた町民が外に出てくる」と佐藤仁町長。そう、市は人の心を奮い立たせる。わだかまりを言葉にすることで心をほぐす。「語りの広場」という解放区を得て、南三陸町は福を興す。

2011年05月31日火曜日
2011.05.31 Tue l メディアリテラシー l top
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/2011fudokei/m05/fudo110531.htm

風 土 計

--------------------------------------------------------------------------------
2011.5.31

 三人寄れば「節電」「クールビズ」の話題。そんな光景を街中のあちらこちらで見かける。電力不足が懸念される暑い夏が近づくにつれ、テーマは国のエネルギー政策にまで及ぶ。

▼政府の復興構想会議が、東北を「再生可能エネルギーの拠点」とする方向を打ち出した。これに先立ち、菅直人首相がG8で太陽光発電の拡大方針を明言。ソフトバンクの孫正義社長も、メガソーラー計画を発表した

▼国家のエネルギー政策大転換が現実味を帯びてきた。八戸市では市内のNPO法人が既に、市民出資型で出力2千~3千キロワット級の大規模太陽光発電構想を進行中で、来春の運転開始を目指す

▼同法人の富岡敏夫理事長は、電力会社による適正価格での全量買い取りを大前提としながらも「将来的には地方発のエネルギー供給ビジネスを創出し、売電した利益を地域還元に振り向けたい」と熱く語る

▼自然エネルギー普及へ克服すべき課題は多い。太陽光パネルや風車の設置場所選定や初期コスト縮減。何よりも、天候に左右されがちな電力供給の、安定性を確立する技術革新が急務だ

▼太陽光、風力発電は、過去にも何度か注目されているが、それは「補助発電」としての位置付けだった。「主役抜てき」は時代の要請といえる。熱して冷めやすいエネルギー論議で終わらないよう注視したい。

2011.05.31 Tue l メディアリテラシー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。