上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
http://archive.mag2.com/0000041719/20121004181331000.html

☆ドクター桜井の日本診療☆ ~767号~ 12.10.04
――――――――――――――――――――――――――――――――

◇厚生労働副大臣を拝命しました


 野田総理や輿石幹事長のご高配により、厚生労働副大臣を拝命致し
ました。早速、横倉日本医師会会長はじめ、多くの皆様からお祝いや
激励のメールやお電話を頂き、本当にありがとうございました。

 私は、14年間の議員生活の中で、国民福祉委員会と呼んでいた時
代を含めて、厚生労働関係の委員会に所属したのはわずか3回で、党
の医療政策にほとんど関与できませんでした。様々な地域の講演で、
私の主張する社会保障政策を実現してほしいという声をいただいてお
りましたが、やっとそれが行える立場になりました。

 厚生労働関係の中で、私は、基本的には旧厚生省の分野を担当する
ことになりました。医療や介護そして年金は改革を強く求められてお
り、国民の皆さんが最も関心のある分野の一つです。その意味におい
て、私が果たさなければならない役割は極めて重いと感じています。

 また、社会保障と税の一体改革は野田政権の最重要課題です。委員
会の審議の中で、社会保障制度がどのようになるのかが良く見えない
という指摘を頂きました。その意味でも、なるべく早くに、改革の絵
姿を示していきたいと思います。

 そのためには、官僚の皆さんときちんとした関係を作っていく事が
重要です。官僚と戦うだけではなく、かつ依存するだけでもなく、適
度な緊張感を持ち、議論を重ねて行きたいと思います。

 外部から見ていると、執行官庁の宿命なのかもしれませんが、マス
コミからたたかれることも多く、厚生労働省全体が委縮しており、そ
のために政策が進んでいかないといった弊害もみられています。真の
政治主導であるのならば、責任は政務三役が取るといった形で、もう
少し思い切った活動ができるようにして行きたいと考えています。皆
様の期待に応えられるように頑張っていきたいと思います。



                  参議院議員・医師 桜井 充





【秘書のつぶやき】
桜井充秘書小林です。
桜井が厚生労働副大臣を拝命いたしました。心新たに頑張って参り
ます!
 さて、児童虐待に関して連日報道されています。嘆かわしい限りで、
加害者には大変怒りを覚えます。しかし、当の親自身も苦しんでいる
事が多いのが実態です。「親失格だ!」と非難する事は簡単ですが、
子供自身にとっては親は親。周囲が勇気を出して親に手を差し伸べ、
虐待を無くす事で子供が救われるのが望ましいのではないでしょうか。
もちろん、警察に頼らざるを得ない場合もありますが…。
 児童虐待はどこにでも存在する可能性があり、児童相談所や学校等
の公的機関の力だけでは解決が難しい問題です。どのような家庭に生
まれても、未来に希望を持てる社会にしなければ!
(小林太一)




__________________________________

★事務局より


 『 桜井充ブックレット シリーズ 』

 第1弾 「歯科医療が日本を変える」(完売)
 第2弾 「日本列島再生論」(完売)
 第3弾 「医療改革で元気な日本を作る」
 第4弾 「歯科医療が日本を変えるPart2」
 第5弾 「破れない殻」

 各500円にて好評販売中!

お問い合わせ先:桜井充事務所 
TEL:022-723-4077 FAX:022-723-4088

[メールでの申し込みはこちらから]
http://www.dr-sakurai.jp/page0124.html

──────────────────────────────

★メールマガジン バックナンバーはこちら!
http://archive.mag2.com/0000041719/index.html

★桜井充ホームページ
 http://www.dr-sakurai.jp/

★GREEを始めました!(オフィシャルブロガー) 
 http://gree.jp/sakurai_mitsuru  

 ご意見・ご感想は mitsuru@dr-sakurai.jp まで。
 よろしくお願いいたします!

★新規登録はこちらから↓お願い致します!
 http://www.mag2.com/m/0000041719.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
【ドクター桜井の日本診療】(毎週木曜日発行+α)
発行元  :桜井充事務所
発行責任者:尾形 幸子
スポンサーサイト
2012.10.04 Thu l 桜井充 l top
☆ドクター桜井の日本診療☆ ~764号~ 12.09.13
――――――――――――――――――――――――――――――――

◇本当にショックです


 松下金融担当大臣が亡くなられた。私が財務副大臣の時から、党派
を超えて仲良くさせて頂いていたので、本当にショックです。お酒を
飲んだ時も楽しいお酒で、自殺されたとお伺いした時は信じられない
気持で一杯でした。心からご冥福をお祈りいたします。

 自民党の総裁選に、谷垣総裁が立候補を取り止めたという報道を見
て、とても驚いている。谷垣さんは人格者で、あまり攻撃的な人では
ないので、野党の党首は向いていないとは思っていた。この点は菅元
総理とはまったく逆である。

 代表選に手を挙げたものの、残念な結果に終わってしまった。やは
り、大臣を経験していないとか参議院議員であるとか、結局は自分の
力がないというのが、最大の理由である。

 今回は、先週号にも書いたが、多くの議員や支援者、そして読者の
皆様から応援を頂きました。本当にありがたいことだと思っています
し、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。さらに
努力して、代表選挙に出られるように頑張っていきたいと思います。



                  参議院議員・医師 桜井 充







【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 この度は代表選出馬には至らず、残念な結果となりました。多くの
方々からご支援ご声援を頂き、御礼申し上げます。捲土重来を期し、
事務所スタッフ一同も頑張って参ります。
 ところで、私事ですが、ようやく政策担当秘書試験に合格する事が
出来ました。論文対策や国家一種の問題集等を勉強する事は正直きつ
かったのですが、歴史や政治学をはじめ哲学、心理学、教育学その他
を改めて学べた事は大きな収穫でした。
 引き続き、一層奮励努力いたします!(小林太一)



__________________________________

★事務局より


 『 桜井充ブックレット シリーズ 』

 第1弾 「歯科医療が日本を変える」(完売)
 第2弾 「日本列島再生論」(完売)
 第3弾 「医療改革で元気な日本を作る」
 第4弾 「歯科医療が日本を変えるPart2」
 第5弾 「破れない殻」

 各500円にて好評販売中!

お問い合わせ先:桜井充事務所 
TEL:022-723-4077 FAX:022-723-4088

[メールでの申し込みはこちらから]
http://www.dr-sakurai.jp/page0124.html

──────────────────────────────

★メールマガジン バックナンバーはこちら!
http://archive.mag2.com/0000041719/index.html

★桜井充ホームページ
 http://www.dr-sakurai.jp/

★GREEを始めました!(オフィシャルブロガー) 
 http://gree.jp/sakurai_mitsuru  

 ご意見・ご感想は mitsuru@dr-sakurai.jp まで。
 よろしくお願いいたします!

★新規登録はこちらから↓お願い致します!
 http://www.mag2.com/m/0000041719.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
【ドクター桜井の日本診療】(毎週木曜日発行+α)
発行元  :桜井充事務所
発行責任者:尾形 幸子
――――――――――――――――――――――――――――――

http://archive.mag2.com/0000041719/index.html



2012.09.13 Thu l 桜井充 l top
http://www.dr-sakurai.jp/blog120906182307.html

2012年09月06日 (木) 18:14clear


桜井充メルマガ:「感謝の日々」



 代表選挙に手を挙げさせて頂いて、大変だけれど良い経験をさせて頂いている。特に私のために連日動いてくださっている、小川敏夫参議院議員、水野智彦衆議院議員、仁木博文衆議院議員、吉田統彦衆議院議員、そして石山敬貴衆議院議員には感謝の気持ちで一杯である。今度、選挙の時に御恩返ししなければと思っている。
 
 他の議員の方からも、励ましの言葉をかけて頂いたり、心配して頂いたり、本当にありがたいことだと思っている。勿論支援者の皆さんからも激励のメールや電話を頂き、とにかく頑張って行かねばと考えている。

 政策集もまとめさせて頂いた。大体頭の中ではまとまっていたのだが、このような機会でもなければ文章にすることもなかったので、この点に関しても良かったと思っている。

 今のところ、手を挙げている人が乱立していて、皆さん模様眺めで、推薦人を集めるのに苦労している。今日食事時に離党した議員にばったり会って、「私民主党に残っていたら、桜井さんの推薦人になっていたのに」と言われ、ありがたいやら悲しいやら。

 亡くなった祖父から「幸せの鍵はめぐりあう人の手の中にある」と言われ、人との出会いを大切にするように教えられた。今回改めて、人との出会いの大切さを実感し、感謝の気持ちで一杯の日々を送っている。

                   参議院議員・医師 桜井 充

【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 睡眠不足の日々が続く中、毎日たくさんの方々から励ましのお言葉を頂きます。誠に有り難い限りです。引き続き頑張ります!
 さて、下記にご案内いたしますが、桜井が国政報告会にて今国会の報告等をお伝えさせて頂きます。ご都合つきましたら是非お越しいただきますよう、お願い申し上げます。(小林太一)

             記

日時:9月8日(土)18:00~19:30
場所:アエル 21階 TKPガーデンシティ仙台ホール
講演:「今この時、日本が進むべき道を語る」 参議院議員 桜井充


2012.09.06 Thu l 桜井充 l top
http://www.dr-sakurai.jp/blog120830182347.html

2012年08月30日 (木) 18:23clear


桜井充メルマガ:「新たなる挑戦」


 私は、以前から新自由主義と闘い続けてきた。「競争すれば幸せになれる」そして「自分の身は自分で守れ」-これが、小泉改革で主張されてきたことだが、本当にこれで幸せになれたのだろうか。

 「競争すれば幸せになれる」と言われ、その結果、過度な価格競争を招き、デフレから脱却できない原因の1つとなっている。企業、特に中小企業は、この価格競争の波に巻き込まれて、疲弊し、企業活動の継続も危うくなってきている。

 さらに「自分の身は自分で守れ」と言われ、自己防御の結果、貯蓄する余裕があれば、貯蓄に走らざるを得ない状況に追いやられている。55歳以上の国民の皆さんの金融資産は約1000兆円であり、このお金がマーケットに出てこないために、経済はいつまでたっても活性化しない。

 これらの点に関して、大きく方向転換しなければ、日本の経済の再生はあり得ないと思っている。そして、このことを実現することが、民主党政権に与えられた使命であり、政権交代が実現したのだと考えている。

 しかし、現在の民主党政権を見ていると、この理念が失われてきているのではないかと感じている。この理念を取り戻し、日本の再生を実現するために、代表選挙に出馬したいと考えている。
 
                   参議院議員・医師 桜井 充

【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 来月、民主党の代表選挙が開催されます。与党の代表は首相に直結することから注目されています。
 さて、これまで日本国憲法下での首相経験者は全て衆議院議員です。しかし、大日本帝国憲法下では参議院の前身である貴族院から多数の首相経験者を出しています。(伊藤博文、松方正義、大隈重信、桂太郎、西園寺公望、高橋是清、清浦奎吾、加藤高明、若槻禮次郎、近衛文麿、東久邇宮稔彦王、幣原喜重郎、吉田茂(敬称略))。時代が違うとのお声もあると思いますが、首相は衆議院議員でなければならないとは憲法その他法律に明記されていません。
 今回、桜井は大きな挑戦に踏み出します。事務所スタッフ一同もさらに奮励努力いたします!(小林太一)
2012.08.30 Thu l 桜井充 l top
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/35853.html
2011.10.31 Mon l 桜井充 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。