上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第3074号 2014年4月28日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第268回(最終回)

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(8)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3072号よりつづく)
 前回までのあらすじ:2005年以降,元NFL選手におけるchronic traumatic encephalopathy (CTE)症例の蓄積が進み,「タウ蛋白病」として認知されるようになった。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03074_03
スポンサーサイト
2014.04.29 Tue l 李 啓充 l top
第3072号 2014年4月14日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第267回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(7)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3070号よりつづく)
 前回までのあらすじ:元NFL選手における第一例が報告された2005年以降,chronic traumatic encephalopathy (CTE)症例の蓄積が進み,「タウ蛋白病」として認知されるようになった。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03072_05


2014.04.15 Tue l 李 啓充 l top
第3070号 2014年3月31日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第266回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(6)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03070_05
2014.04.01 Tue l 李 啓充 l top
第3068号 2014年3月17日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第265回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(5)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3066号よりつづく)
 前回までのあらすじ:NFLは,脳震盪について,専門委員会による「科学的」調査を推進することで,「危険は大きくない」とするプロパガンダを展開した。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03068_05
2014.03.18 Tue l 李 啓充 l top
第3066号 2014年3月3日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第264回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(4)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3064号よりつづく)
 前回までのあらすじ:NFLが脳震盪の危険性について科学的に調査し対策を講ずることを目的として設立したMild Traumatic Brain Injury Committee(MTBIC)は調査結果を次々と学術誌に発表,「研究が大きく進む」とする期待を煽った。


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03066_03
2014.03.04 Tue l 李 啓充 l top
第3064号 2014年2月17日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第263回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(3)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03064_03
2014.02.18 Tue l 李 啓充 l top
第3062号 2014年2月3日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第262回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(2)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)
2014.02.04 Tue l 李 啓充 l top
第3060号 2014年1月20日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第261回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(1)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3057号よりつづく)
 元大リーグ選手,ライアン・フリール(36歳)がショットガンを使って自らの命を絶ったのは2012年12月のことだった。自殺からほぼ1年が経った2013年12月16日,フリールの遺族は,彼が慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy,以下CTE)を患っていた事実を公表,全米の野球ファンを驚かせた。


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03060_04
2014.01.21 Tue l 李 啓充 l top
第3057号 2013年12月23日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第260回

Young Invinciblesをめぐる攻防
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3055号よりつづく)
 アンクル・サムは米連邦政府を擬人化した架空のキャラクターである。通常,星柄のシルクハット・赤色の蝶ネクタイ・紺色の燕尾服・紅白縦じまのズボンを身にまとった白髭の男性であるが,いま,日本ではやりの「ゆるキャラ」の先駆け的存在と言えば言えないことはない。

 しかし,日本のゆるキャラが郷土愛を象徴する愛すべき存在であるのとは違い,アンクル・サムの場合,しばしば,米連邦政府に対する嫌悪感・反感を投射する対象としてネガティブに使われることも多い。例えば,最近ある保守派グループが作成した反オバマケア・キャンペーン用のTVコマーシャルにも,アンクル・サムが「悪役」として登場する。このグループが作成したコマーシャルは,登場人物の男・女の別によって2つのバージョンがあるのだが,女性版は以下のようなストーリーとなっている。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03057_05
2013.12.24 Tue l 李 啓充 l top
第3055号 2013年12月9日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第259回

大統領の「公約違反」
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3053号よりつづく)
 前回・前々回と,オンライン医療保険交易所の機能不全で,オバマケアが「船出」と同時に大嵐に見舞われた事情を説明した。オバマ政権の「準備不足」が厳しく批判されたのは言うまでもないが,政権の苦境にさらに輪をかけるかのように,いま,オバマの「公約違反」が問題となっている。


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03055_03
2013.12.14 Sat l 李 啓充 l top
第3053号 2013年11月25日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第258回

オバマケアの船出(2)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3051号よりつづく)
 前回は,カリフォルニア州のオンライン医療保険交易所(以下,交易所)にアクセスした結果に基づいて,オバマケアの主眼の一つである公費支援の実際について紹介した。


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03053_04
2013.11.26 Tue l 李 啓充 l top
第3051号 2013年11月11日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第257回

オバマケアの船出(1)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03051_05
2013.11.12 Tue l 李 啓充 l top
第3049号 2013年10月28日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第256回

米連邦政府機関閉鎖とオバマケア
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03049_04
2013.10.29 Tue l 李 啓充 l top
第3047号 2013年10月14日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第255回

名門医療企業が採用した生き残り策
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03047_06
2013.10.15 Tue l 李 啓充 l top
第3045号 2013年9月30日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第254回

医療者に対する抜き打ち薬物検査強制論
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3043号よりつづく)
 8月5日,大リーグ機構は,禁止薬物を使用した件で,アレックス・ロドリゲスに対し211試合,ネルソン・クルーズら12選手に対し50試合の出場停止処分を科した。今でこそ薬物使用に厳しい姿勢を示している大リーグであるが,罰則を伴う抜き打ち薬物検査を導入したのは2004年と,他のスポーツと比較して著しく遅かった。導入が遅れた理由は,選手会が「プライバシーの侵害」と,長年強く反対し続けたことにあったが,その反対を覆したのは,「薬物使用を黙認するのはけしからん」とする世論の圧力だった。特に,連邦議会が機構・選手会関係者を証人喚問,「検査体制もなっていないし,罰則も軽すぎる」とつるし上げたことの効果は大きかった。


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03045_04

2013.10.01 Tue l 李 啓充 l top
第3043号 2013年9月16日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第253回

組織は誰の物か?
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03043_03
2013.09.18 Wed l 李 啓充 l top
第3041号 2013年9月2日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第252回

Sitting is the New Smoking
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3039号よりつづく)
 米国において,喫煙がもたらす健康被害に対して厳しい公衆衛生的施策が採られてきたことは読者もよくご存じの通りである。タバコに対する高額課税,社会における禁煙施設・エリアの拡大,喫煙者に対する割高な保険料率設定等はその好例である。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03041_04
2013.09.03 Tue l 李 啓充 l top
第3037号 2013年7月29日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第250回

米医師会 肥満に対する新姿勢
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3035号よりつづく)
 米国において肥満が公衆衛生上の最大問題であることはこれまで何度も述べてきた。CDC(米疾病予防管理センター)によると,現時点で肥満者(BMI≧30)は米国民の35.7%を占め,肥満関連の医療費支出も1年当たり1470億ドル(約14兆円)に上ると見積もられている。

 70年代前半まで,米国の肥満率は約15%のレベルでほぼ安定していた。米国社会が急速に肥満化したのは70年代後半以降の現象(註)なのであるが,医療界は決して肥満の急増に手をこまねいてきたわけではなかった。「摂食量を減らして運動量を増やせ」とする「お説教」を,十年一日のごとく患者にし続けたのである。しかし,お説教が効果を上げることはなく,米国の肥満率は30年の間に2倍以上に増えてしまった。これまでと同じ方法を漫然と繰り返すだけでは社会の肥満化は防げないとする危機感が医療界に広まったゆえんである。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03037_04
2013.07.30 Tue l 李 啓充 l top
第3035号 2013年7月15日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第249回

医療倫理フリー・ゾーン
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3033号よりつづく)
 6月12日,名著『患者の権利』で知られるボストン大学教授ジョージ・アナスが,『ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(NEJM)』誌オンライン版に,「グアンタナモ・ベイは医療倫理フリー・ゾーンか?」と題する怒りの論説を寄稿した。医療倫理・患者の権利についての大家であるアナスは,いったい,何に怒ってこの論説を書いたのだろうか?


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03035_05
2013.07.16 Tue l 李 啓充 l top
第3033号 2013年7月1日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第248回

医療における「サンシャイン法」
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03033_07
2013.07.02 Tue l 李 啓充 l top
第3031号 2013年6月17日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第247回

「アンジェリーナ効果」は日本にも波及するのか?
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3029号よりつづく)
 前回のあらすじ:2013年4月15日,米最高裁で,乳癌・卵巣癌関連遺伝子BRCA1/2の特許をめぐって「ヒト遺伝子を特許の対象とすべきかどうか」についての審理が行われた。


http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03031_06
2013.06.18 Tue l 李 啓充 l top
第3029号 2013年6月3日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第246回

ヒト遺伝子特許論争(2)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3027号よりつづく)
 前回のあらすじ:2013年4月15日,米最高裁で,乳癌・卵巣癌関連遺伝子BRCA1/2の特許をめぐって「ヒト遺伝子を特許の対象とすべきかどうか」についての審理が行われた。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03029_05
2013.06.04 Tue l 李 啓充 l top
第3027号 2013年5月20日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第245回

ヒト遺伝子特許論争(1)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3025号よりつづく)
 4月15日,米最高裁で,「ヒト遺伝子を特許の対象とすべきかどうか」についての審理が行われた。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03027_04
2013.05.21 Tue l 李 啓充 l top
第3025号 2013年5月6日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第244回

オバマケアーー保守派知事がメディケイド拡大を拒否する理由
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3023号よりつづく)
 メディケア・メディケイドの公的保険制度が創設されたのは1965年のことである。前者は高齢者,後者は低所得者が主たる受給者であるが,民を主体として医療保険制度を運営する米国にあって,これら二つの公的保険は,半世紀近く,「弱者」の医療へのアクセスを保障するセイフティネットとして,重要な役割を担ってきた。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03025_04
2013.05.07 Tue l 李 啓充 l top
第3023号 2013年4月15日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第243回

タイム誌史上最長記事に見る米国医療事情(2)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03023_05
2013.04.16 Tue l 李 啓充 l top
第3021号 2013年4月1日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第242回

タイム誌史上最長記事に見る米国医療事情(1)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03021_07
2013.04.02 Tue l 李 啓充 l top
第3019号 2013年3月18日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第241回

「最先端」医療費抑制策 マサチューセッツ州の試み(11)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03019_05
2013.03.19 Tue l 李 啓充 l top
第3017号 2013年3月4日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第240回

「最先端」医療費抑制策 マサチューセッツ州の試み(10)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03017_03
2013.03.05 Tue l 李 啓充 l top
第3015号 2013年2月18日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第239回

「最先端」医療費抑制策 マサチューセッツ州の試み(9)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03015_04
2013.02.19 Tue l 李 啓充 l top
第3013号 2013年2月4日

--------------------------------------------------------------------------------

〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第238回

「最先端」医療費抑制策 マサチューセッツ州の試み(8)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)

--------------------------------------------------------------------------------

(3011号よりつづく)
 前回までのあらすじ:2010年3月,東部マサチューセッツにおいて貧者に対する慈善医療を提供してきたカソリック系病院チェーン「カリタス・クリスティ」社が,投資企業サーベラス社に買収され,営利企業に転換することとなった。

営利転換に際し「監視の目」
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03013_03
2013.02.05 Tue l 李 啓充 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。