上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す ジョセフ・E. スティグリッツ (著)/徳間書店 から一部抜粋。
ジョセフ・E. スティグリッツ (クリントン政権米国大統領経済諮問委員会委員長、元世界銀行上級副総裁兼主席経済学者、ノーベル経済学賞受賞者)

http://rainbow.gr.jp/ukifune/globalization.html



スポンサーサイト
2014.05.20 Tue l 未分類 l top
日本歯科新聞
12月17日付

公益法人協が新制度の意義と展望でシンポ

公益法人協会(太田達男理事長)は12月5日、東京都千代田区の中央大学駿河台記念館で、11月末の新公益法人制度の移行期間満了を受けたシンポジウムを開催した。公益社団法人、公益財団法人、一般財団法人など、さまざまな形態の公益的団体の代表者や学識経験者、政治家らも出席。新制度移行の意義と今後の展望について話し合った。

http://www.dentalnews.co.jp/news_details/news_details_2013.html#121704
2013.12.18 Wed l 未分類 l top
•「社会保険一元化はタケコプター」『週刊東洋経済』2013年6月1日号

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/20130601TKW001.pdf
2013.09.07 Sat l 未分類 l top
死因究明関連二法案、診療関連死は除外 - 足立信也・民主党議員に聞く◆Vol.1

「法医学会のガイドライン以前に戻る」

2012年6月20日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

 今国会に提出された、死因究明関連二法案がこの5月、衆議院を通過、6月15日には参議院で可決、成立した。民主党の「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律案」と、自民・公明党の「死因究明等の推進に関する法律案」だ。

 一方で、厚労省では無過失補償制度の議論の過程で“医療事故調”の議論が、産科医療補償制度についても見直しの議論がそれぞれ進められている。

 死因究明関連二法案はどんな内容で、医療の現場にはどんな影響があるのか。また二法案、“医療事故調” 、産科医療補償制度の議論はどう関係するのか――。長年この問題に関わってきた、民主党参議院議員で元厚生労働大臣政務官の足立信也氏にお聞きした(2012年6月7日にインタビュー。計4回の連載)。


http://www.m3.com/iryoIshin/article/154560/?portalId=iryoIshin&pageFrom=openIryoIshin

http://www.m3.com/iryoIshin/article/154655/

http://www.m3.com/iryoIshin/article/154760/

http://www.m3.com/iryoIshin/article/154761/
2013.07.13 Sat l 未分類 l top
日医ニュース

第1240号(平成25年5月5日)

プリズム

何と,新設反対が賛成に書き変えられた!

http://www.med.or.jp/nichinews/n250505i.html
2013.05.05 Sun l 未分類 l top
日本歯科新聞 2013年2月09日 第1777号

民主・歯科議員連盟/山井氏が新会長に

2月6日 総会開催(参議院議員会館)

<民主党 歯科医療議員連盟 役員>

会長 山井和則 衆議院議員

副会長 柚木道義 衆議院議員、郡 和子 衆議院議員、梅村 聡 参議院議員、
他8名

事務局長 大久保潔重 参議院議員(歯科医師)

事務局次長 西村まさみ 参議院議員(歯科医師)、松浦大悟 参議院議員

所属72名
2013.02.21 Thu l 未分類 l top
臨床検査技師とプロフェッショナリズム

この原稿は医学のあゆみ 244(2): p193-195, 2013.に掲載したものです。

藤田保健衛生大学医学部病理学教授
病理専門医
堤 寛(つつみ ゆたか)

2013年2月6日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行

http://medg.jp/
2013.02.06 Wed l 未分類 l top
http://www.med.or.jp/nichinews/n241120f.html

日医ニュース

第1229号(平成24年11月20日)



プロフェッショナル・オートノミーについて



 世界医師会(WMA)では,プロフェッショナル・オートノミーという言葉が,かかりつけ医や総合医という概念整理の中で,改めて注目されている.
 この言葉は,基本的な医師のあり方に触れたWMAの「マドリッド宣言」の中に,医師の職業規範を表す象徴として初めて記述されたものである.しかし,この宣言の中のいくつかの記述は,時代の変遷にそぐわない部分も指摘されるようになり,見直しの機運が生じたため,二〇〇七年のWMA中間理事会において論議が始められた.
 その際には,プロフェッショナル・オートノミーという基本的な概念についても,例えば,Clinical independenceやProfessionally-led regulationなど,分かりやすい別な言い方に変えようという考えが示され,それに賛成する人たちも少なくなかった.
 そもそも,オートノミーという概念は,カント哲学の「実践理性批判」において提言されたもので,その本旨は精神に内在する自律的な動きを重視したものである.それ故に,マドリッド宣言においても,Professional AutonomyとSelf-regulationは併置して記載されていたと考えられ,その見直しには強く反対の意見を申し上げた.
 この問題に関しては,更に,カナダ医師会のDr. Jeff Blackmarが中心となって,プロフェッショナル・オートノミーの概念の重要性を考慮し,その概念を一つの独立した文書とする動きが起こり,既存のマドリッド宣言をプロフェッショナル・オートノミーとそれ以外の要素の二つに分ける案が二〇〇八年のWMA中間理事会に提出された.
 これについても各国医師会からのコメントが交錯したが,Jeffや私などの努力の結果,理念としてのオートノミーの部分については切り離すことが了承され,二〇〇八年のWMAソウル総会において新たに「ソウル宣言二〇〇八」として採択された.残りの部分について作業部会を設置し,私が座長となって,オーストラリア,ウルグアイ,デンマーク,インドの委員で検討を継続し,実践的な面を記述した「WMAマドリッド宣言改訂版二〇〇九」としてまとめ,二〇〇九年のWMAインド総会にて採択された.
 医療にさまざまな強制力が行使された際に患者の被る不利益を想像すれば,最善の医療が眼前の患者に対して,強制によらず自律的な姿勢によって遂行される重要性は,広く理解して頂くことが可能だと考えられる.
 WMAにおける激しい討議の末に生き残ったオートノミーの概念についての理解が更に深まり,改めてわが国における今後の医療のあるべき姿の合意形成に有効に活用されることを願ってやまない.

(常任理事・石井正三)
2012.11.22 Thu l 未分類 l top
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002okmj.html

公開

頭撮り可

平成24年11月13日(火)

医政局歯科保健課

課長補佐 小椋(2484)

(代表番号) 03(5253)1111

(FAX) 03(3595)8687



歯科専門職の資質向上検討会
標記会議について、下記のとおり開催しますので、お知らせいたします。



1.日時
平成24年11月28日(水)14:00~16:00



2.場所
中央合同庁舎第5号館 省議室(9階)
(東京都千代田区霞が関1-2-2)




3.議題
○歯科医師臨床研修について
○歯科技工士国家試験について
○その他




4.その他
○傍聴を希望する場合は別添の傍聴申込書に必要事項を記載の上、FAXにてお申し込み下さい。
○申し込みの締め切りは、11月25日(日)18:00までとさせていただきます。
○希望者多数の場合は、先着順とさせていただきますので、御了承下さい。
○傍聴される皆様への留意事項
   会議の傍聴にあたり、次の留意事項を遵守してください。
   これらをお守りいただけない場合は、退場していただくことがあります。
1 事務局の指定した場所以外に立ち入ることはできません。
2 携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
3 写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(あらかじめ申し込まれた場合は、会議冒頭の頭撮りに限って写真撮影などをすることができます。)。
4 会議の妨げとならないよう静かにしてください。
5 その他、座長と事務局職員の指示に従ってください。


傍聴申込書(Excel)
2012.11.15 Thu l 未分類 l top
“1分給”の理念…がん患者でもできる仕事を★お金編(2)「1分給」

2012.11.06
.連載:がんへの備え

 悪性リンパ腫と診断された歯科技工士の北澤幸雄さん(61)は、闘病中だった7年前、NPO法人「とまり木」(埼玉県草加市)を立ち上げた。目指したのは、自宅療養中のがん患者でもできる仕事の開拓と、その組織作りだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121106/dms1211060709000-n1.htm


2012.11.13 Tue l 未分類 l top
パブリックコメント:意見募集中案件詳細/医療機器に係る日本工業規格の制定及び改正案に関する御意見の募集について

医療機器に係る日本工業規格の制定及び改正案に関する御意見の募集について

案件番号 495120248
定めようとする命令等の題名 -

根拠法令項 -

行政手続法に基づく手続であるか否か 任意の意見募集
所管府省・部局名等(問合せ先) 厚生労働省医薬食品局審査管理課医療機器審査管理室
2012.10.19 Fri l 未分類 l top
パブリックコメント:結果公示案件詳細

「薬事法第二条第十四項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令」の一部改正案に関する意見募集の結果について

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495120200&Mode=2
2012.10.17 Wed l 未分類 l top
パブリックコメント:結果公示案件詳細

療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等の一部を改正する件(平成24年厚生労働省告示第361号)

案件番号:495120245
2012.10.15 Mon l 未分類 l top
パブリックコメント:結果公示案件詳細


療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等の一部を改正する件(平成24年厚生労働省告示第361号)

案件番号:495120244
2012.10.15 Mon l 未分類 l top
東日本大震災:身元不明遺体、家族へ導く似顔絵 県警鑑識職員・安倍さん、きょう退職 86人分「使命感で」描く /宮城

http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20120831ddlk04040003000c.html
2012.10.01 Mon l 未分類 l top
http://archive.mag2.com/0001007984/index.html

2012/09/25
【三橋経済新聞】「ワンフレーズ政治」の心理学

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


       『三橋貴明の「新」日本経済新聞』

     2012/09/25


※配信解除は、最下部でできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------------------------------------
●「三橋貴明から経済を学ぼう!
三橋経済塾はコチラをクリック
⇒ https://m-keizaijuku.com/
--------------------------------------------------------------


FROM 藤井聡@京都大学


「橋本・江田改革」や「小泉・竹中改革」、
最近では「TPP」や「維新八策」など、
その内容をしっかりと....というか少しでも「吟味」すれば、
日本の国益には叶わないということは明白.....

にも関わらず、国民受けが良い政策が、
ここ20年ほど日本を席巻しています。

その結果、日本経済も日本社会も
ボロボロにされてきた事は
ここ最近、多くの国民に知られるように
なってきたものと思いますが、

なぜ、そんな事になってしまったのか....
ということについて、
ちょうど昨日、今日と、
とある心理学の学会であれこれ議論してましたので、
そんなことを踏まえながら、
認知心理学の立場からお話してみたいと思います。

第一に、おおよそ人間の「情報処理能力」には限界があります。

「新しい事を知る」ことは兎に角苦手だし、
一度にたくさんの事を理解することはできません。

(※ つまりそもそも人間というものは、
どんなに優秀な人だって、基本的には皆、
あほな存在なのだ、ということです 笑)

第二に、おおよそ人間というものは、
「興味」に圧倒的に支配される存在です。

興味がある話なら、しっかりとその話を聞いて、
どうにかこうにか、理解しようと努めます。

ところが、興味の無い話には、
人間は全然耳を傾けません。

そもそも「情報処理能力」が低いくせに、
興味も無ければ、どんなに大切な話があっても、
なぁんにも理解されないのは、当たり前ですね。

ところが、この二点があるからこそ、
つまり、人間は、情報処理能力は低く、
かつ、興味に圧倒的に支配される、
という特徴を持つからこそ、

「維新・改革路線」というものは半ば「必然的」に、
国民的支持を受けてしまうことになります。

それは次のようなメカニズムです。

小泉にしろ橋下にせよ、彼等はまず、現状の問題を指摘します。

「古い自民党の政治家ってのは、これだけ利権を貪ってるぞ!」
「公務員はこれだけ理不尽に得をしてるぞ!」
・・・・・

これによって、人々の興味・関心を軽く喚起します。

つまり、人々の心の中に、
そのテーマを理解しようとする
「ちょっと考えようエネルギー」が生まれます。

(※ 心理学では、このエネルギーは
「認知資源」なぞと呼ばれたりします)

そしてその上で、

「それを何とかするには、
そのワルイ奴をやっつける改革をやればいいいんです!」

と叫びます。

そもそも、人々の心に生まれた
「ちょっと考えようエネルギー」なんてものは、
TVや雑誌をちらりとみたくらいでできたものですから
文字通り「ちょっとしたもの」です。

しかも、人間というのは皆、情報処理能力が低い
あほな存在なわけですから(笑)、
誰も、その改革の内容を「吟味」しようとはしません。

(※ 心理学用語を用いると、これはつまり
「意思決定が精緻化されることは無い」ということになります)

で、その改革内容をさくっと理解することだけに
「ちょっと考えようエネルギー」が消費されてしまいます。

ですから、その次に指摘される「改革の問題点」、
なんてものを理解するためには
「ちょっと考えようエネルギー」は、残されておらず
そこで「思考が停止」することになります。

で、人々は
「そうかぁ、やっぱ維新・改革、やんなきゃダメじゃん」
となってしまう訳です。

......「改革・維新が日本をボロボロにした」ことを
知っている読者の方々は、
「そんなアホなことがあるんかいな....」
と不思議に思われるかもしれませんが、

「人間とはアホなのだ(キリッ)!」

ということが心理学で実証され尽くしてきたのですから、
そんなアホなことがあるのは、しょーがない事なんですね。

で、そんなアホな観客の心理メカニズムを知ってか知らずか、
謎のマスクマン、ワンフレーズ橋下が
新団体「維新の会」プロレスを立ち上げる時、

「ディテールとか細かいことは考えていない。
今の政治はわかりやすいワンスレーズだ!
有権者にわかりやすいワンフレーズで選挙に勝って、
力を握ることが大事だよ!!」

なんて話を後楽園ホールの控え室でしてたとかしてなかったとか.....
(注 このお言葉は、元・同団体所属レスラーが
耳にした言葉として、実際に「報道」されていた言葉です↑)

.....ったくもう.....

ってことで、そんな新興団体はさておき(笑)

心ある読者の皆さんは、今日も、
「もっと考えようエネルギー」を心にガッツリチャージして、
バッサバッサと、色んな事を理解しまくっていってくださいっ!

で、そのエネルギーをさらにでっかくしていって、
「まわりにも教えてやるぞエネルギー」に転換して、
ガッツリと、親兄弟、同僚部下達の
冷え切って停止した思考を
ドライブさせていってください!!


では、また来週!!!




京都大学 藤井聡
http://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII?ref=ts




PS
もしあなたが「思考停止」のメカニズムついて
より深く突っ込んで考えたいなら、
専門書で読むのは大変ですが、この本が役立つはずです。
http://amzn.to/UwEmCf



※ご意見、ご感想、ご要望などありましたら
以下にコメントをください。
⇒ http://www.mitsuhashitakaaki.net/


--------------------------------------------------------------
●「三橋貴明から経済を学ぼう!
三橋経済塾はコチラをクリック
⇒ https://m-keizaijuku.com/
--------------------------------------------------------------
●三橋貴明のブログ ⇒ http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/
--------------------------------------------------------------
●三橋貴明の本 ⇒ http://tinyurl.com/ko6cyu
--------------------------------------------------------------
●有料メルマガ ⇒ http://www.mag2.com/m/P0007991.html
--------------------------------------------------------------
●三橋貴明のtwitter ⇒ http://twitter.com/TK_Mitsuhashi
--------------------------------------------------------------
●三橋貴明のプロフィール ⇒ http://tinyurl.com/mg32ku
--------------------------------------------------------------



◎配信のご登録・変更・解除は以下でできます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0001007984.html

◎発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者情報
--------------------------------------------------------------------
編集人:三橋貴明 http://www.mitsuhashitakaaki.net/
運営・発行:株式会社経営科学出版
住 所:150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-18-4 AHM'S ONE 9F
連絡先:0120-21-7154 FAX 0120-42-7155
Email:info@mitsuhashitakaaki.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) Takaaki Mitsuhashi All Rights Reserved.
◎三橋貴明の「新」日本経済新聞
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001007984/index.html
2012.09.25 Tue l 未分類 l top
NHK仙台【津田 喜章】 母校・石巻中学校同窓会に参加して

2012年09月20日 (木)【津田 喜章】同窓会に参加して
--------------------------------------------------------------------------------


ひと月ほど前の話になりますが、8月12日のお盆のさなか、母校・石巻中学校(=石巻小・山下小OB・OG)の同窓会が開かれました。震災後では初めてとなる大規模な同窓会です。同窓会で会ったみんなは、変わっていませんでした。うらやましい限りです。老けたのは自分ぐらいだなあ、と痛感しました。
第2次ベビーブーム世代の私たちは、一学年7クラス・男女300人前後だったと記憶しています。同窓会には、1次会・2次会あわせて、100人あまりが参加しました。同じ部活だった友達とは、20数年ぶりに再会しました。恩師4人も駆け付け、懐かしい話で盛り上がった、あっという間の一日でした。
大震災は、私たち石巻で生まれ育った者にとって、耐えがたい現実でした。だからこそ、今回は何としても集まりたいと、たくさんの同級生が駆けつけました。今回の幹事団のメンバーには、同級生全員が感謝しています。

http://www.nhk.or.jp/sendai-blog/100/131796.html#more
2012.09.21 Fri l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。