上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
•勿凝学問65 柳家さん八師匠の年金高座<(_ _)>ペコッ

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/korunakare65.pdf
スポンサーサイト
2015.07.01 Wed l 権丈善一 l top
『二木立の医療経済・政策学関連ニューズレター(通巻124号)』(転載)

•2. 論文:公的医療費抑制と医療の営利化は「避けられない現実」か?
(「深層を読む・真相を解く」(37)『日本医事新報』2014年10月18日号(4721号):17-18頁)

http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20141101-niki-no124.html#toc2
2014.11.12 Wed l 二木立 l top
『二木立の医療経済・政策学関連ニューズレター(通巻124号)』(転載)

•1. 論文:2000年以降の日本の医療・社会保障改革-政権交代で医療政策は大きく変わるか?
(『文化連情報』2014年11月号(440号):10-16頁)

http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20141101-niki-no124.html#toc1
2014.11.12 Wed l 二木立 l top
『毎日新聞』の暮らしの明日:私の社会保障論
2014年2月19日

権丈善一
勿凝学問386 2度目の好機いかせるか――民主党の年金案ゼロベース見直し
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/korunakare386.pdf
2014.10.26 Sun l 権丈善一 l top
『毎日新聞』の暮らしの明日:私の社会保障論
2014年1月22日

社会保険と税――実行可能性を問う次のステップ
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/20140211165311.pdf
2014.10.26 Sun l 権丈善一 l top
『毎日新聞』の暮らしの明日:私の社会保障論
2013年12月18日

権丈善一
「防貧」と「救貧」は異質――政策の実行可能性を考える
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/20131218mainichi.pdf
2014.10.26 Sun l 権丈善一 l top
『毎日新聞』の暮らしの明日:私の社会保障論
2013年11月20日

権丈善一
年金と政治家のレベル――政争の具とした愚行
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/20131120mainichi.pdf
2014.10.26 Sun l 権丈善一 l top
『毎日新聞』の暮らしの明日:私の社会保障論
2013年10月23日

権丈善一
年金改革2段階アプローチ――歴史的経緯を知ろう
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/20131023mainichi.pdf
2014.10.26 Sun l 権丈善一 l top
『二木立の医療経済・政策学関連ニューズレター(通巻123号)』(転載)

2.論文:国民医療費の構造と論点

(日本社会福祉学会事典編集委員会編『社会福祉学事典』丸善出版,2014年5月,294-295頁)

http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20141001-niki-no123.html
2014.10.06 Mon l 二木立 l top
権丈善一・大島伸一

「日本が超高齢社会を迎えるにあたって、今後の医療はどうなっていくのか」

『アニムス』78号

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/animusuNo78.pdf
2014.06.19 Thu l 権丈善一 l top
1. 論文:規制改革会議「選択療養制度」提案の問題点と実現可能性を考える

(「二木学長の医療時評(122)」『文化連情報』2014年6月号(435号):18-23頁)

http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20140601-niki-no119.html#toc1
2014.06.17 Tue l 二木立 l top
権丈善一

•「不磨の大典”総定員法”の弊」『週刊東洋経済』2010年10月16日号

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/20101016TKW.pdf
2014.06.16 Mon l 権丈善一 l top
権丈善一 医療・介護の一体改革、2025年をめざして――医療専門職集団に求められているもの」(43MB)

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/20140327141436.pdf
2014.06.05 Thu l 権丈善一 l top
世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す ジョセフ・E. スティグリッツ (著)/徳間書店 から一部抜粋。
ジョセフ・E. スティグリッツ (クリントン政権米国大統領経済諮問委員会委員長、元世界銀行上級副総裁兼主席経済学者、ノーベル経済学賞受賞者)

http://rainbow.gr.jp/ukifune/globalization.html



2014.05.20 Tue l 未分類 l top
http://www.inhcc.org/jp/research/news/niki/20140501-niki-no118.html#toc1

1. 論文:7対1病床大幅削減方針の実現可能性と妥当性を考える

(「二木学長の医療時評(121)」『文化連情報』2014年5月号(434号):16-22頁
2014.05.20 Tue l 二木立 l top
第3074号 2014年4月28日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第268回(最終回)

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(8)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3072号よりつづく)
 前回までのあらすじ:2005年以降,元NFL選手におけるchronic traumatic encephalopathy (CTE)症例の蓄積が進み,「タウ蛋白病」として認知されるようになった。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03074_03
2014.04.29 Tue l 李 啓充 l top
第3072号 2014年4月14日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第267回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(7)
李 啓充 医師/作家(在ボストン)


(3070号よりつづく)
 前回までのあらすじ:元NFL選手における第一例が報告された2005年以降,chronic traumatic encephalopathy (CTE)症例の蓄積が進み,「タウ蛋白病」として認知されるようになった。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03072_05


2014.04.15 Tue l 李 啓充 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。